築8年の木造住宅の構造躯体がボロボロ

衝撃的な写真です。
築8年の木造住宅がこんなにも・・・・・
ケンプラッツ 建築・住宅

2×4工法の輸入住宅だそうですから、小さな工務店が建築したものではないと思います。

原因は、ささいなところからの雨漏れらしいのですが、ささいな部分だけに発見ができす、8年経過してこのようになったのでしょう。

高気密高断熱住宅は、何重にも材料が重ね合わされます。
断熱材があり、その外側には構造用合板を貼ります。
構造用合板の外側を、透湿防風シートで覆い、窓周りは防水テープで処理をします。
さらにその外側には外壁下地が組まれて、外壁が張らさります。

一般的には、このような作業工程で、外壁は作られますが、外壁面あるいは外壁上部の屋根との取り合い部に、漏水するようなわずかな不備があると、外壁内に雨水は浸入し、やがて外壁下地や構造用合板を腐らせていきます。

工事を行う職人さんや、工事管理担当者あるいは設計監理者が見落としがちな部分でもあり、どんなに施工体制の整った会社といえども、このような事例がまったく無いとは言い切れない実状です。

この住宅を建てた方は、さぞショックが大きかったのではと、思います。


以前、外壁を剥がしたら、下地の胴縁が蟻の巣になっていました。
『フッと』息を吹きかけたら、胴縁は跡形も無く崩れ落ちていったことがあります。

その時の建て主さんの驚きは、表現のしようがありません。
胴縁だけで、構造躯体には何の影響も無かったので幸いでしたが、構造躯体がこんなにボロボロでは、○○工法とか言われる工法の信憑性が疑われます。


このような事例は、もちろん10年保証の対象ですので、きちんと補修工事が行われたと思いますが、第三者保証の重要性を改めて認識させられる事例です。
posted by イソップ at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 欠陥住宅は何故できるのか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。