欠陥住宅が生まれる原因は無責任?

欠陥住宅が生まれる原因のほぼ100%は人為的なことなのですが、原因を作った当事者がまったく認識していないことが多いものです。

具体的な事例を紹介しますと・・・・


ひな壇式の分譲宅地には、擁壁という土が崩れるのを防ぐ壁が設けられています。
擁壁の強度は、横に流れようとする土の重さに耐えるように設計されているのですが、擁壁の上に重量のあるブロック塀を作るようなことは想定されていません。

それを知らずに、造園屋さんが擁壁の上にブロック塀を作ってしまい、その重量によって擁壁が沈下したり、外側に傾いたりすると、住宅の基礎の下にある地盤がゆるんでしまい、住宅が沈下を始めます。

2年ほどして家が傾いていることに気が付いた建主さんは、ハウスメーカーに相談をします。
担当者がやってきて調査をしましたが、原因をはっきりとは特定できません。

住宅の沈下が先に始まり、その影響によって擁壁に力がかかり、擁壁が外側に傾いたことも考えられますが、直接的な原因はブロック塀かも知れません。

沈下してしまった原因を特定することは、非常に難しいことなのです。

造園屋さんにも相談しました。
ところが造園屋さんから返ってきた答えは・・・
『頼まれた通りに塀を作っただけなのですが・・・』というものです。

造園屋さんに、擁壁の強度に対する知識を求めることは無理だったのでしょうか?
タグ:擁壁
posted by イソップ at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 欠陥住宅を考える
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。