固定資産税を少なくする方法

登記関係諸経費の時に触れた固定資産税を少なくする方法です。

家づくりの成功事例は建築・リフォームランキングへ


住宅が完成しますとおよそ半年以内、建てた年の年末までには必ず、役所から固定資産の評価額を決めるために係の人が来ます。

あまり歓迎したくないのですが、暖かく迎えましょう?

図面があれば、図面を見ながら住宅の中を見て回ります。何を調査しているのかと言いますと、仕上げ材や住宅設備関係の器具等を調べて、評価額のベースになる再建築価額を計算するためのデータを集めているのです。


調査が終わると、機嫌よく見送ってあげましょう♪


そうして年が明けて春になると、やって参ります。

「固定資産税・都市計画税 納税通知書」です。

固定資産税を少なくする戦いはこれから60日間です。


納税通知書には、交付日が記載されています。その交付日から60日以内に、固定資産税の元になっている評価額が「高いんじゃないの?」と、役所に行きましょう!


これは、別にごね得をしようと言うことではありません。

固定資産評価審査申出制度という正当な公的制度があります。

固定資産評価審査委員会に対して固定資産評価審査申出書という書類を提出して審査をしてもらいます。審査委員会では、本人が口頭で意見を述べることも出来ます。

書類の提出は役所の担当窓口です。


だめでモトモトです。固定資産税は住宅が建っている限り継続して納税するものです。出来れば少しでも安い方がいいですよね。

頑張ってチャレンジしてみて下さい。

過去に私のお客様の数名が申出を行い減額に成功しています。


私自身はやった事が無いので、実際の手続きの面倒さが、どのくらいあるのか分かりませんが、成功したお客様は「やって見るもんだね・・・・ハッハッハッハッ(笑)」と言ってました。

以上、固定資産税を少なくする方法 でした。

お役に立ちましたら1クリックお願いします→banner_03.gif




☆「私はこうして家づくりを成功させました」という方、コメントお待ちしてます。
その他コメント大歓迎♪
メルマガ「失敗しない家づくり」を始めました。
ブログでは書けない内緒の話もたまには・・・・お気軽に購読を♪
(不定期発行です、気紛れです)
家づくりの成功事例は建築・リフォームランキングへ


posted by イソップ at 18:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | 知って得する豆知識
この記事へのコメント
反論の根拠もなしに「高いんじゃないの」と言えというのは乱暴すぎませんか?
まさにゴネ得を狙えと言ってるようにしか見えませんが。
主の良識を疑います。
Posted by at 2009年06月17日 06:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。