見積書の諸経費ってな〜に?

見積書の最後の方に諸経費とか現場経費という項目があります。

この諸経費とは一体なんでしょうか?

手続関係諸経費 その他の諸経費で少し触れたお話です。

あなたの応援が心強い励ましです→banner_03.gif

 


■見積書の諸経費

ハウスメーカーは値引きに応じるか?で、住宅に限らず全ての商品の価格は次の式によって決定されます。

原価+粗利益=価格 です。

とお話しました。


粗利益の中から、現場担当者の給与・間接的に関わる社員の給与・交通費・福利厚生費(社会保険など)・工事保険料・電話代・事務雑費といった工事を行なうのに必要な費用を支払います。

そのような費用のために、工事費の10〜15%を工事の諸経費として計上します。

名称は諸経費とか現場経費という見積項目になっています。

あるいは、現場経費一般管理費に分けて計上する場合もあります。

一般管理費とは、現場に直接関わる経費ではなく、会社を運営するために必要な経費を、各現場に振り分けるために一定の料率で計上されます。


見積書には


  木  材      ○○円
  システムキッチン○○円
  大工手間     ○○円

と、工事の細目が並んでいって、最後に諸経費が計上されて工事費が計算されます。


粗利益については、以前にお話しましたが、25%ぐらいが最低限度の金額です。ですから、当然諸経費で計上した以外の粗利益分は、各工事品目

  木  材      ○○円
  システムキッチン○○円
  大工手間     ○○円

の○○円の中に含まれています。

そうすることによって、全体で必要な粗利益が生み出されるように、見積書は構成されています。


要するに「諸経費とは儲けの部分か!」と思いましたか?
そうです、儲けの部分です。儲けとは会社を継続するための必要な費用なのです。

「儲けなくてもいいから、安くしろ!」・・・・気持ちは分かりますが、儲けさせてやる代わりにきちっとした仕事をしてもらいましょう。
商談現場のナマ見積書が見たい!

お役に立ちましたら1クリックお願いします→banner_03.gif




☆「私はこうして家づくりを成功させました」という方、コメントお待ちしてます。
その他コメント大歓迎♪
メルマガ「失敗しない家づくり」を始めました。
ブログでは書けない内緒の話もたまには・・・・お気軽に購読を♪
(不定期発行です、気紛れです)
家づくりの成功事例は人気blogランキングへ
posted by イソップ at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知って得する豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。