高気密高断熱住宅の実例 IC-P工法

IC-P工法−石井工務店

福島県郡山市に本社がある、株式会社石井工務店が進めている高気密高断熱住宅


【工法の特徴】

◇構造方式は軸組み工法を採用しています。

◇断熱方式は充填断熱方式、基礎はべた基礎形式を採用。

◇床・壁・天井に施工性を考慮した断熱材を選定、次世代省エネ基準をクリアしている。

◇「女性が考えた女性のための家」がコンセプト。


【沿   革】

昭和23年  創業
昭和60年  法人化

営業拠点5ヵ所
 郡山住宅展示場
 福島住宅展示場
 白河住宅展示場
 いわき住宅展示場
 須賀川営業所


IC-P工法

□断熱・気密性を高めながら、通気層工法を採用し、住宅の耐久性を確保するようオーソドックスにまとめ上げられた工法

□企画プランや工法・仕入の合理化により低価格を実現


【管理人の勝手なコメント】

おすすめ度=★★★☆☆
昭和23年創業ですから、現在の社長さんは2代目か3代目。
まじめそうな人柄が伝わってきます。
企画プランが主体ですから、こてこての注文住宅をとお考えの方には少々物足りないかも?
性能を良い家を、きちんと造ってほしいという方は検討してみては♪

詳しくはIC-P工法の石井工務店



☆「私はこうして家づくりを成功させました」という方、コメントお待ちしてます。
その他コメント大歓迎♪
メルマガ「失敗しない家づくり」を始めました。
ブログでは書けない内緒の話もたまには・・・・お気軽に購読を♪
(不定期発行です、気紛れです)
家づくり事は建築・リフォームランキングへ
posted by イソップ at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | 高気密高断熱住宅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27545159
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

住宅紛争処理体制?〜品確法の住宅紛争処理体制って何なのさ???
Excerpt: こんにちは! いつもご訪問ありがとうございます!!! \(^o^)/  さて、前回までの品確法の住宅性能表示制度に続いて、今回は住宅紛争処理体制についてのご説明です。 ..
Weblog: 不動産情報:お役立ち情報満載ブログ by KZ
Tracked: 2006-11-17 15:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。