ミサワホーム

ミサワホーム(本社:東京)

ミサワホームは1962年(昭和37年)から住宅事業を開始しました。

それまでは、木材業を営んでいました。

大きく躍進することになったキッカケは、1967年に南極昭和基地の居住棟・ヘリコプター格納庫の受注です。
南極での建設工事ですから、現場作業を限りなく少なくする必要がありました。


そこで、工業化住宅(プレファブ工法)の利点が発揮されることになり、躍進につながっていきます。


事業開始時の商品「ホームコア」につづいて販売された「ミサワホームF」、「O型」がヒットし、積水ハウスに並ぶトップメーカーの地位を確保しました。


販売体制は、積水ハウスの直営システムとは正反対の「ディラーシステム」を当初より採用し、販売網を全国に広げて行きました。


ディラーシステムとは、自動車の販売網と同じです。ミサワホームはメーカーであり、販売は、各地に現地法人を設立し、営業・工事体制を整備していきました。


生産と販売の完全な分離体制です。


管理人の勝手なコメント】

おすすめ度=★★★☆☆
メーカーとしてのミサワホームからは、住宅部材が供給され、各地のディラーが営業・工事を行うという体制のため、各ディラーの企業姿勢に満足度は左右されます。
工業化住宅とは言え、やはり重要なのはお客様と担当者のコミュニケーションの充実や、いっしょに作り上げていくという姿勢です。
各地のディラーの情報を収集することが必要だと思います。
posted by イソップ at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハウスメーカーの概要
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28580679
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。