住宅は選ぶもの?(メルマガ008)

過去に配信したメールマガジンのバックナンバーです。
このページは第8号です。

□■□ 
失敗しない家づくり 【住宅は選ぶもの?】
                第8号 2006.11.11□■□

今日は、ひどい雨です。明日も荒れるそうで、そろそろタイヤ交換でしょうか?

購読登録・解除はこちらです http://www.mag2.com/m/0000209046.html
メルマガバックナンバーも  http://www.mag2.com/m/0000209046.html

□第8号の目次
 ◆先週のブログ更新案内
 ◆特集「住宅は選ぶもの?」
 ◆連想検索について
 ◆編集後記

■先週のブログ「欠陥住宅防止法」更新案内
 11/06 平屋の家は高いの?
 
 *最近はブログの更新頻度が少なくなっています。
 (他のサイト作成に時間とられています)


■特集記事
【住宅は選ぶもの?】
  
住宅は造るものではなく選ぶもの、に変わって来たとすごく感じています。

カタログ販売みたいに住宅が売れていくという現状があります。


これっていいことなのか、どうかよく分かりません。
でも、現実に起こっていることですから、
そのまま受け入れるしかないのでしょう。


例えば、車のように完成品が工場で作られ
エスティマといえば、どこで買っても同じ品質のエスティマが買える!

という状態であれば、問題ないのでしょうが、

そうではないので
「欠陥住宅」という言葉があるのでしょう。


車のような家をつくろうとしている
ハウスビルダーがいます。


出来るだけ工場で付くってしまい、現場へトレーラーで運んで建てる。

将来、何かの都合で別の土地に移るとなった時に
建てた住宅を移動できるという「家」

まるで、車のようです。
「動く家」


ここまで来ると、カタログ販売も可能なのかも知れません。


動く家はこちらからどうぞ↓↓
http://kekkanhouse.seesaa.net/article/24398921.html



■連想検索について
連想検索というIT技術上の言葉があります。

これまで、ホームページを検索するには、
YahooやGoogleで「欠陥住宅」とか「基礎 欠陥」
というキーワードを入力して検索していました。

そうすると、ほしい情報のサイトもあれば、
まったく参考にならないサイトもヒットします。

そこで、

「基礎の欠陥を防ぐ確実な方法」
というように、フレーズで検索する、というものです。

現在は、こんな長いフレーズで検索すると
ほとんどヒットしません。というか
これではまったくヒットしません。

それが、やがては可能になるという話しです。
詳しくはこちら↓ 
http://www.keyman.or.jp/ml/006/30001909/A567D1/WAGHHeAPP/


■編集後記
北海道は、まもなく長〜い、冬を迎えます。
でも、意外と暖かなのです。
昨年は仙台の冬を経験しましたが、仙台の方が寒かった!
北海道の家の室内は大変暖かく、屋外も
雪が深々と降る日などは、意外と暖かいものです。

移住を考えている方は、北海道も検討の価値ありですよ。


□■□
■発行責任者   イソップ
■ブログサイト  欠陥住宅防止法
           高気密高断熱住宅は外断熱住宅しかない
■購読・解除   http://www.mag2.com/m/0000209046.html
□■□
posted by イソップ at 21:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー
この記事へのコメント
相互リンクでお世話になっております、社会保険労務士試験情報局ブログ版の社労士Kです。
このたび、URLを変更しましたので、ご多忙中、恐縮ですがリンク先のご変更をお願いいたします。

社会保険労務士試験情報局ブログ版
http://blog.passing.main.jp/
Posted by 社会保険労務士試験情報局ブログ版 at 2007年01月11日 11:28
社会保険労務士試験情報局ブログ版様
URL変更いたしました。
ご確認下さい。
Posted by イソップ at 2007年01月14日 10:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31087446
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。