二世帯住宅の賢い計画(メルマガ011)

過去に配信したメールマガジンのバックナンバーです。
このページは第11号です。

□■□ 
失敗しない家づくり 【二世帯住宅の賢い計画】
                    第11号 2006.12.03□■□

今シーズン初めての雪かきをしました。


購読登録・解除はこちらです http://www.mag2.com/m/0000209046.html
メルマガバックナンバーも  http://www.mag2.com/m/0000209046.html

□第11号の目次
 ◆先週のブログ更新案内
 ◆特集「二世帯住宅の賢い計画」
 ◆編集後記

■先週のブログ「欠陥住宅防止法」更新案内

 11/28 ログハウスについて

 11/30 ミサワホーム
 

■ 特集記事
【二世帯住宅の賢い計画】
  
二世帯住宅とは、文字通り2つの世帯が一緒に生活する住宅です。

最も多いのが、30代の若夫婦と60代の親夫婦との同居のパターン。



すでに、そのようなパターンで生活されている方もおられるでしょう、
これから、二世帯住宅を、とお考えの方もいらっしゃるでしょう。



今日は、二世帯住宅の計画を進めるにあたって、スムースに進む方法をお伝えします。



このパターンの二世帯には2つのケースがあります。



●ご主人の親夫婦との同居のケース

●奥さんの親夫婦との同居のケース



比較的スムースに進むのが
奥さんの親夫婦との同居のケース


どうしてでしょうか?


それは、住まいは「女性中心」だからです。


けっして、旦那さんの存在を無視していうのではありません。


これが、事実だからです。



そこで
ご主人の親夫婦との同居のケースをスムースに進める方法




プランニングの計画時点では、生活の細部の話や、時には「不満・愚痴」といった話も出ることがあります。



そのような話は、プランニングにとっては実は大変重要なことがらなのです。



しかし、全員が集まった打ち合わせの場では、なかなか出てこない話もあります。



そんな時、若夫婦と親夫婦とは別々に話を進めていきます。

双方から、不満や愚痴を聞き出せて、それにもとづいてプラン上、解決する方法が見つかったら、そこで、初めて全員参加の打ち合わせに入って行きます。



この手順を逆にしてしまうと、話はなかなかまとまらないか
あるいは「失敗した」という家づくりになってしまいます。



■編集後記
気温が低いせいで、サラサラの雪でした。
いよいよ冬です、気温はマイナス6度。道路はツルツルでした。
でも、冬の北海道もいいですよ♪

□■□
■発行責任者   イソップ
■ブログサイト  欠陥住宅防止法
           高気密高断熱住宅は外断熱住宅しかない
■購読・解除   http://www.mag2.com/m/0000209046.html
□■□
posted by イソップ at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32196777
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。