地鎮祭と上棟式

地鎮祭や上棟式(棟上式)は新築住宅では、必ず行われた神事です。

神事とは、神様に関した儀式のことですが、神前結婚式や厄払いなども神事のひとつです。


地鎮祭は「とこしずめ」といいますが、その土地にいる神様に、土地を利用させてもらうことの許可を得る儀式です。

許可を得ることによって、工事が事故もなく無事進行する事をお願いするわけです。

神事では、必ず行われる玉串奉奠(たまぐしほうてん)や、地鎮祭特有の鍬入れの儀式を行います。


玉串奉奠の作法


玉串奉奠(たまぐしほうてん)は、紙垂(四手、しで)を付けた榊や杉の小枝を、根元を神様の方向に向けて、祭壇にお供えします。

お供えしてから、2礼2拍1礼をします。
つまり、2回おじぎをして、2回拍手をして、最後にもう1回おじぎをします。

鍬入れの作法


砂を盛って円錐形になった砂山に、まず建て主が鍬(くわ)を3回、砂に入れます。
鍬を入れると、砂が崩れますので、崩れた砂を元に戻すように施工者が、鋤(すき)で砂をすくって山形にします。この鋤も3回行います。

設計監理者がいる場合には、設計監理者が砂の山に立てた竹の小枝を鎌で3回切るまねをします。

切るまねというのは、本当の鎌では無いので切れません!!



こんな感じで地鎮祭は執り行われます。

特に緊張する必要はありません。

服装も、最近は、すんごく ラフです。

(オイ、オイ、一応、神事なんだけど・・・・)


上棟式とは


上  棟  式

ですから、棟が上がった時に行う儀式です。

三角屋根であれば、棟木は、はっきり分かるのですが、
フラット屋根の場合には、棟木ってどれ??


あんまり、硬く考える事はありません。

要するに、

住宅の骨組みが出来上がった時が上棟です。

儀式の中味は、玉串奉奠がメインです。
神事が終わると、直会(なおらい)が行われるのが一般的でしたが、直会は当然、お酒が振る舞われますので、最近は、折詰めを渡して、お開き・・・・・が普通になってしまいました。


地鎮祭は、土地の神様にお許しを願う儀式ですが、
上棟式は、大工の棟梁をねぎらうことが大きな意義になっています。

上棟式の時には、大工さんに「ご祝儀」を渡します。
大工さんにとっては、これが一番嬉しいことですね♪


地鎮祭・上棟式に費用


地鎮祭は、直会は普通行いませんので、
神主さんへの「御玉串料」と「供物料」です。

合わせて、3〜4万円ぐらいが普通です。


上棟式は
供物に「隅餅」が増えますので、3.5万円〜4.5万円が基本料金です。
これに、直会用のお料理や、飲み物・折詰めなどの費用が加わります。

そして、一番大事なのが
大工さんたちへの「ご祝儀」です。

相場は、棟梁で3〜5万円、その他の大工さんには1〜3万円、てなとこです。


一生涯に何回もあることでは、ないですから、やった方がいいですよ〜!!
posted by イソップ at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知って得する豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。