建築確認申請の変更

建築確認申請の変更申請について取り扱いが変わるようです。

これまでは、微小な変更は変更届、そうでないものは手数料を支払って変更申請を行っていましたが、今後はわずかな変更でも、建築確認申請の再申請となるようです。


住宅の建築確認申請の際に支払う手数料は、各市町村によって決められていますが、大体14,000円〜19,000円となっています。

今後は、変更があるたびに、手数料がかかりますので、建築確認申請提出時には、完全に細部が決定された状態で提出しないと、余分な費用を支払う事となります。


ハウスメーカーによっては、建築確認申請手数料を含めた『事務手数料』を請求する会社もありますから、この費用は、建主の負担となります。

とりあえず契約はやめましょう


営業マンの都合や、会社の決算期だからということで、細かな部分が決定していないのに契約をするということが、多くあります。

契約が終わると、すぐに着工の準備に入りますから、とりあえず契約をした場合でも、準備はどんどん進んでいきます。

準備の中には、『建築確認申請』も含まれますので、中途半端な状態で『建築確認申請』が行われることとなります。


着工前に打ち合わせを繰り返し、やがて、細かな部分まで設計が終わった時には、『建築確認申請』に提出した図面とは、まるで違う図面になってしまった。

こうなると、当然、『建築確認申請』の再提出ですが、今後は、わずかな違いでも、再提出になります。


細かなところが未決定の状態で契約をする事、がそもそも問題なのです。

納得がいく内容に煮詰まるまでは、契約はしない!!

必ず、守りましょう!

確認申請がわかる本

■関連記事



posted by イソップ at 05:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知って得する豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44165744
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。