フグとレミーマルタンの家

強烈な思い出となっている住宅があります。
K邸のおはなし。


20年以上前になります、まだ私が若々しかった頃・・・

日頃おいしいものが手に入ると、ゴチに呼んでくれるKさんがいました。

マンション暮らしをしていたKさん、ある日突然
『家を建てる、土地を探してくれ』


貧乏設計士に、グルメを堪能させてくれるKさんの頼みです。

本業ほったらかして、土地探しを続ける毎日・・・・・

ようやく土地が見つかり、売買契約をしたのが10月の始めでした。


『11月末には引越ししたい!』平然として発せられた言葉でした!


『2ヶ月無いのよ〜』心の中で私は叫びました!!!

しかし、Kさんの性格を知り尽くしている私は
『何とかするしか無いんじゃない〜』
と開き直りにも似た心境でした。


プランニングのポイントは40畳以上のリビングルームをどう作るかです。


工期も常識外の短さ

ここで役に立ったのが、6年間工業化住宅(プレファブ工法)の開発をやっていた頃の様々なノウハウでした。


主要構造部は鉄骨造のラーメン構造にする。

床・壁はツーバイフォー工法のように木造のパネル式にする

外壁はALC版を使用し、外壁工事の工程数を減らす。


以上3つが工期短縮を図る骨の部分となりました。


徹夜の連続でプランニングを終わらせ、設計図をまとめるのと同時に構造計算を構造設計屋さんに外注。


設計図をまとめてすぐに、建築確認申請提出。


建築確認の手続きには実日数で3週間かかります。
(実際には、超特急で確認を降ろしてもらいました、
 ・・・・・・・・持つべき者は役所の友達!!)

その間に、各業者との打ち合わせ。


今では「オープンシステム」とか「直営分離発注方式」とか呼ばれて、認知されていますが、この方法で工事を行ったのです。

つまり、工務店に一括請け負ってもらうのではなく、
建主が直接、各業者に発注し、設計監理者である私が工事を監理する、という方式です。

この方法は、工務店による「現場経費」がかからないので、総工事費が安く済むのと同時に、各業者と直接打ち合わせを行い、工程を調節できる分、工期も短くなります。
ただし、建主が直接業者と契約し、支払いをしますので、原則的には、資金は現金でないと難しいです。


確認申請が降りるまでの期間に、床・壁のパネル製作と鉄骨の加工を終わらせます。


申請が降りたのが、11月の始めでした、もう1ヶ月を切っていました。

基礎工事に着手し、鉄骨組立後、屋根工事・外壁工事と並行して床・壁パネルの組立工事とドンドン工事を進めていきます。


一日の工事の進み具合がものすごく早く、時々見に行っていたのでは、間に合いません。

現場の向かいの空き地を借りて、プレファブ事務所を建て、そこで施工図を書いては、大工さんと打ち合わせ、という毎日が続きました。


明日は引越しという11月の29日です、
内装工事が徹夜で行われました。


何とか、終わったのが、午前3時

つきっきりだったKさんが『皆んなご苦労さん!今、出前とったから!』


待つこと20分
届いた出前は、タクシーによって届けられました。
タクシーから降りてきたのは

「河豚の刺身とから揚げ」それに数本の「レミーマルタン」


格別なおいしさでした!!


その後、その住まいは転売され、Kさんもあの世へ行ってしまいました。
今、その住まいには、とある著名な弁護士が住まわれています。
posted by イソップ at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいの履歴書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45662667
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。