田舎暮らしの物件探し

田舎暮らしの物件探しが、最近目立つ出来事になっています。

田舎暮らしが注目のキーワードになって2〜3年経ちますでしょうか?
田舎暮らしというと、定年退職後の第2の人生のライフスタイルのように感じますが、実は若い世代にも多い需要です。

仕事中心の生活から、家庭や家族中心の生活へと、価値観が変化して来ている表れだと思います。
田舎暮らしの物件探しで特徴的なのは、物件選びの優先度が、住宅そのものでは無く、廻りの環境とかロケーションといったことが、大変重要なポイントになっています。

住宅の性能や設備などのハード面では無いのですね。
このことは、住宅に要求される価値や条件が、必ずしも常に同じでは無いということを示しています。

住宅は生活の器ですが、生活は器の中だけの事では無く、廻りの環境を含めた全体が生活のスペースであることを、改めて気付かされます。

ライフサイクルと住まい


ライフサイクルによって、価値観が変わる!!

このことは、住宅を考える場合の重要な事柄です。
つまり、20代、30代、40代・・・・と年齢によって価値観が変わっていく、今『こんな住宅に住みたい』と、思っている事が、10年後、20年後には考え方が変わることを意味しています。

価値観の変化に住宅は対応出来るのでしょうか?

リフォームによって、住宅そのものを変化させる事は可能ですが、廻りの環境を変えることは出来ません。
そこで、望ましい環境を求めて、住み替えをするということになります。

住み替えするには、現在の住宅を賃貸にするか、売却することになります。
どちらにしても、不動産市場の中の商品となります。

借り手がすぐ見つかる住宅、あるいは買い手がすぐ見つかる住宅でなければ、住み替えは実現できません。
つまり、商品価値の高い住宅です。

商品価値の低い住宅は、2〜3年経っても、借り手も見つからない、買い手も見つからないということになります。

そのような住宅は、不動産市場の中にはたくさんあります。
価格を下げても、新たな住まい手が見つからないのですから、打つ手がありません。

市場流動性の高い住宅


以上のような事から、住宅を建てたり購入する場合には、将来の価値観の変化に対応して、不動産市場での流動性の高い住宅にする!!・・・・・これが、非常に重要な事になります。

これから、人口減の影響はどんどん出て来ます。

人口が拡大過程にある場合には、需要は常にあり、あまり先の事を考えなくても良かったのですが、人口が縮小する過程では、今までとは全然異なる状況になります。
賃貸・中古住宅の市場が減少して行く・・・・・その時に商品価値の高い住宅以外は、市場からは締めだされる。

そんな事が、予測出来ますし、既にそんな減少が起きています。

将来もしかしたら、田舎暮らしをしたくなるかも知れません、その時に、住み替えが出来るような住宅を持ちましょう。

タグ:田舎暮らし
posted by イソップ at 05:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | おぼえ書き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47657969
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。