木造住宅は何年もつのか?

木造住宅の耐用年数が短いことは常識のようになっていますが、
本当にそうなのでしょうか?

まずはこちらをご覧下さい
古代人スガオカ

この会社を経営している菅岡健司さんに会ったのは、もう10年ぐらい前のことです。

自ら『社長』とはいわず『酋長』と言っている方ですが、正に酋長らしい外見をしていました。

菅岡健司さんは、青森三内丸山遺跡の大型掘立柱建物を復元する時に、古代に使用されていたと予想される材料と同じ材料を再現して、5000年前の建物を現代に蘇らせました。

青森三内丸山遺跡についてはこちら

薫煙木材の登場


遺跡の発掘調査の過程で、大型掘立柱建物の柱が発見されました。
柱は、地中に埋まっており、数千年もの期間腐らずにいました。

調べると、柱の周りや底の部分に焦がした跡があります。

『木材は焦がすと腐らない?』


岐阜高山の白川郷では、数百年前の民家が今もなお使用されています。
白川郷の民家は『合掌造り』の名で知られていますが、急勾配の屋根の形なりに天井が現しになっており、屋根の最上部からは、室内の空気が放出されるようになっています。

中心には『囲炉裏』が置かれ、常時、囲炉裏から上がる煙が、天井を伝って、屋根の頂上から放出されています。

天井伝いに上って行く煙によって、天井部分に作った棚に置かれた食料などは腐らずに長期間保存出来ることが分かっています。
一種の燻製ですね。


これらのことは
『焦がすと腐らない?』
ということを、顕わしています。

だから木材も
『木材は焦がすと腐らない?』
ことになります。

薫煙加工処理による木材


このような事実から菅岡健司さんは、木材を薫煙する方法を考案し、青森三内丸山遺跡の大型掘立柱建物の復元には、菅岡健司さんが加工した薫煙木材が使われたのです。

菅岡健司さんの会社名が古代人スガオカです。

古代人スガオカが作った木材を使用して住宅を作っていた会社がありました。

今は、もう無いのですが、日本電建です。

日本電建の取り組みは、大変興味あるものだったのですが、残念ながら大東建託への事業譲渡・合併の過程で、古代人スガオカ製の薫煙木材による住宅事業自体が消滅してしまいました。

薫煙木材については、長野県にも加工会社があります。
健康・燻煙木材・中沢木材株式会社

薫煙木材を使った住宅をつくってみませんか?
タグ:薫煙木材
posted by イソップ at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知って得する豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49328971
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。