エコ住宅を考える

エコ住宅とは、エコロジーに考慮した住宅です。
エコロジーとは本来は生態学のことを言いますが、今では『環境負荷を減らす』と言う意味合いでつかわれます。

エコ住宅とは、環境負荷を減らす工夫をした住宅を意味します。

しかし、環境負荷を減らすといわれても、具体的になかなか把握しにくく、

  • 電気の消費量がこれだけ減ります

  • ガスの消費量がこれだけ減ります

  • 灯油の消費量がこれだけ減ります


などの表現で『なるほどこれがエコ住宅か』と思っています。

しかし、これらの事は、実は各家庭でのエネルギーに消費される金額を減らす工夫なんですね。

エネルギーに使われる費用が低減される=エコ住宅なのでしょうか?

太陽熱を利用した温水システムが開発された頃に
このシステムを否定する意見としてよく言われたものに
『イニシヤルコストが高すぎて元をとるのに50年かかります』
などの、非常に説得力のある意見です。


『50年もかかるんなら意味ないからやめよう〜』

となりますが、この場合、エコ住宅を建てようとはしていないのです。

『エネルギーコストの低い住宅』を建てようとしているだけなのです。

『環境負荷を減らす』ことに役立つのであれば、コストが高くてもいいんじゃないでしょうか!!

そんな思いをさせてくれた記事が先日新聞に掲載され、こんなことを実践している人がいるんだな〜と、気付きを与えてくれました。

この方はこんな方

例えば

雨水を貯めて洗車やトイレに使っています。
設備費は約10万円ですが、それで節約される水道代は月にして300円です。

ソーラーパネルによる発電システム・・・設備費は150万円
電気代の節約によって元を取るには50年かかります。

冬の暖房は木質ペレットを燃やすストーブです。
設備費は30万円、燃料代は年間10万円です。
はっきり言って、灯油ストーブより高いです。


ところが、この方、岩井さんと言いますが、岩井さんのお宅から出る二酸化炭素の排出量は、一般家庭の半分近い数字なのです。

これが本当のエコ住宅です。

エコ住宅とは?
タグ:エコ住宅
posted by イソップ at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | おぼえ書き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50082298
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。