基礎工事のチエックポイント

基礎工事はとにかく最も大事な構造体の工事です。
完成後に問題となるトラブルの中で、一番深刻なのが基礎です。

基礎工事についてのポイントをお話します。

基礎の型式


まず、基礎の型式ですが、一般的には住宅の場合
  • べた基礎

  • 布基礎(ぬのきそ)

の2種類があります。

寒冷地の場合は、凍結深度という基礎の深さに対する規定がありますので一般的には、布基礎型式にします。

寒冷地以外では、べた基礎が主流となっています。

構造的な考え方では、この二つの型式は異なります。


布基礎は、基礎のベース(基礎の最下部)部分が地盤に接していますので、基礎が配置される直下の地盤がしっかりしたものでないといけません。

べた基礎は、言葉の通り、地盤面上全体に“べた”にコンクリートを打設します。つまり、地盤面上のコンクリート全体が、地盤に力を伝える役目を果たします。


どちらがいいとか悪いとかはありません。

地盤の強度や、凍結深度によって選択しています。

基礎の巾


布基礎の場合も、べた基礎の場合も、土台を固定するための
『立ち上がり基礎』と呼ばれる部分があります。

完成した住宅を表から見た時に、地面より上にある部分ですね。

この立ち上がり基礎の巾は一般的には12センチ以上となっています。

最近は15センチにする会社が多くなっており、契約前に基礎巾の確認をしておいた方が良いと思います。


基礎巾は、鉄筋のかぶり厚さから決まって来るのですが、
施工精度や、大気汚染・酸性雨などからも、かぶり厚さは大きいほどいいですから、15センチ巾の基礎にしてもらいましょう。

防湿シート


布基礎の場合には、基礎で囲まれた部分つまり土の部分には、
ポリエチレンフィルムを敷きます。

これは、地面からの湿気が床の骨組みに伝わるのを防ぐためです。

木造住宅にとって、耐久性を弱める最大の原因は 湿気 です。

悪質リフォームなどで、床下を無料点検して、必要も無いのに
『床下換気をしないと家が腐りますよ!』と言って、法外な工事費を請求してるのは、この欠点を突いたものです。

防湿シートをきちんと施工し、床下換気口が所定の面積あれば、
床下は乾燥しているものです。

逆に、防湿シートの施工がキチンとなってないと、耐久性が低下します。

防湿シートは、基礎が出来上がり、屋根がかかるまでの間に施工されますから
その間に、確認される事をお奨めします。

基礎のレベル


基礎の水平度をレベルといいます。

基礎の天端(てんば)が水平になっていないと、
土台が水平には敷かされません。

土台が水平でないと、床が水平にはなりません、したがって
基礎のレベルは最も大事なポイントです。

コンクリートを打設しただけでは、基礎の一番上(天端)は水平にはなっていません。

水平にするためにモルタルで均したり、スペーサーと呼ばれるレベル調整部材で、土台が水平になるようにします。

手順としては、基礎の側面に水平線を墨打ちします。

その墨から高さを測定しながら、基礎の高さを決めていきます。

基礎の芯


出来上がった基礎の上に、建物の中心線を描きます。

建物の平面は、普通は長方形の集まりですから、
縦・横の線が基礎の上に描かれることになります。

縦横の寸法を正確に計測しながら、平面図のとおりに中心線を描きます。

まず、一番外側のラインを描き、対角の寸法を確認して
長方形の角が『直角』になっているかを確認します。

対角の寸法が同じであれば直角ですし、
違っていれば、平行四辺形か台形になっています。

それを、正確な長方形になるように、角の位置を調整します。

中学校の『幾何』でやった要領です。

基礎の誤差


こうして高さと平面の位置を基礎に描きますと
作った基礎がどのくらい正確に作られたがわかります。

高さは調整後に水平になっていればいいのですが、
問題は平面上の誤差です。

基礎の上面に描かれた芯(中心線)の位置が、基礎の巾の中心に描かれていればいいのですが、大体は若干ずれるものです。

どのくらいのズレまでが許容できるか?

5ミリ程度までは仕方がないでしょう!
1センチを超えるズレがあるのは、問題です!

  • アンカーボルトの位置が土台の中心からズレる

  • 土台が基礎からはみ出す

といったことになります。

このような場合、基礎を作り直すということにもなりかねません。

工期や工事業者の費用負担を考えると、簡単には出来る事ではありません。


着工前に、
誤差は必ずありますから、許容誤差をあらかじめ取り決めしておくことが必要です!!

配置の間違い


ありえないような事が実際には起きます。

基礎の配置の間違いです。


敷地境界からの離れを間違えた、ということはまだいい方で、
南北を間違えた!ということが実際にあります。

つまり南側に玄関がある住宅なのに
基礎は、北側に玄関がある状態になってしまった。
ということです。


もうひとつ実例があるのは
隣の敷地に基礎を作ってしまった! というケースです。

笑い話のように感じますが、実際にあった話です。
しかも、引渡しまで気が付かなかった! 

このケースでは、結局、工事業者が隣の敷地を購入する資金を負担して
建て主に広い敷地をプレゼントしました。
タグ:基礎工事
posted by イソップ at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 工事のチェックポイント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67373386
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。