住宅性能保証制度

住宅性能保証制度とは25年前に始まった制度で、住宅の性能を保証し、万が一建築した会社が倒産した場合に、建築会社に代わって住宅を保証し、補修工事費の約95%を保険でサポートしてくれる制度です。

保証期間は最大10年間で、10年保証の対象は次のようなものです。

  • 基礎の著しい沈下

  • 基礎・柱・はり・壁のひび割れ

  • 床の傾斜、たわみ、破損

  • 壁の傾斜、たわみ、破損、雨漏れ

  • 屋根からの雨漏れ

  • 土台・柱の傾斜、たわみ、破損、等


上記以外の不具合については1〜2年保証となります。

保証機関は
財団法人住宅保証機構が最も古く、
民間機関では
JIO(日本住宅保証検査機構) http://www.jio-kensa.co.jp/
ハウスプラス住宅保証株式会社 http://www.houseplus.co.jp/
などがあり、住宅オーナーに対する安心確保が制度化されています。

保証は継承される


中古住宅として購入した住宅でも、保証が付いている住宅については、新たな所有者に対して、残期間の保証が適用される場合があります。

要件としては、保証している会社つまり建てた会社が承認しますと、中古住宅の購入者にも保証が適用されますので、築10年以内の中古住宅を購入する場合には、確認してみましょう。

名義書き換え費用を負担すると、保証が継承されます。

増改築工事も保証


新築住宅に対する保証だけだったものが、増改築工事にも適用されるようになりました。

適用される工事内容は

  • 基礎を新設する増築工事で10u以上のもの

  • 工事費が500万円以上のもの


保証書は大事に保管


性能保証をした住宅には保証書が発行されます。大事に保管してください。

瑕疵や不具合が発生した場合には、速やかに保証者=工事を行った会社に連絡をします。
この場合、緊急だからといって自分で工事を行ってはダメです。

必ず、建てた会社へ連絡します。

万が一、建てた会社が倒産などによって保証が出来ない場合には、住宅性能保証を行った機関に連絡して下さい。

保証書には
保証機関に伝える必要がある保証登録番号と、連絡すべき保証事務期間の電話番号が記載されています。

登記済権利書といっしょに大事に保管しましょう。
posted by イソップ at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知って得する豆知識

木造住宅は何年もつのか?

木造住宅の耐用年数が短いことは常識のようになっていますが、
本当にそうなのでしょうか?

まずはこちらをご覧下さい
古代人スガオカ

この会社を経営している菅岡健司さんに会ったのは、もう10年ぐらい前のことです。

自ら『社長』とはいわず『酋長』と言っている方ですが、正に酋長らしい外見をしていました。

菅岡健司さんは、青森三内丸山遺跡の大型掘立柱建物を復元する時に、古代に使用されていたと予想される材料と同じ材料を再現して、5000年前の建物を現代に蘇らせました。

青森三内丸山遺跡についてはこちら

薫煙木材の登場


遺跡の発掘調査の過程で、大型掘立柱建物の柱が発見されました。
柱は、地中に埋まっており、数千年もの期間腐らずにいました。

調べると、柱の周りや底の部分に焦がした跡があります。

『木材は焦がすと腐らない?』


岐阜高山の白川郷では、数百年前の民家が今もなお使用されています。
白川郷の民家は『合掌造り』の名で知られていますが、急勾配の屋根の形なりに天井が現しになっており、屋根の最上部からは、室内の空気が放出されるようになっています。

中心には『囲炉裏』が置かれ、常時、囲炉裏から上がる煙が、天井を伝って、屋根の頂上から放出されています。

天井伝いに上って行く煙によって、天井部分に作った棚に置かれた食料などは腐らずに長期間保存出来ることが分かっています。
一種の燻製ですね。


これらのことは
『焦がすと腐らない?』
ということを、顕わしています。

だから木材も
『木材は焦がすと腐らない?』
ことになります。

薫煙加工処理による木材


このような事実から菅岡健司さんは、木材を薫煙する方法を考案し、青森三内丸山遺跡の大型掘立柱建物の復元には、菅岡健司さんが加工した薫煙木材が使われたのです。

菅岡健司さんの会社名が古代人スガオカです。

古代人スガオカが作った木材を使用して住宅を作っていた会社がありました。

今は、もう無いのですが、日本電建です。

日本電建の取り組みは、大変興味あるものだったのですが、残念ながら大東建託への事業譲渡・合併の過程で、古代人スガオカ製の薫煙木材による住宅事業自体が消滅してしまいました。

薫煙木材については、長野県にも加工会社があります。
健康・燻煙木材・中沢木材株式会社

薫煙木材を使った住宅をつくってみませんか?
タグ:薫煙木材
posted by イソップ at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知って得する豆知識

建築確認申請の変更

建築確認申請の変更申請について取り扱いが変わるようです。

これまでは、微小な変更は変更届、そうでないものは手数料を支払って変更申請を行っていましたが、今後はわずかな変更でも、建築確認申請の再申請となるようです。


住宅の建築確認申請の際に支払う手数料は、各市町村によって決められていますが、大体14,000円〜19,000円となっています。

今後は、変更があるたびに、手数料がかかりますので、建築確認申請提出時には、完全に細部が決定された状態で提出しないと、余分な費用を支払う事となります。


ハウスメーカーによっては、建築確認申請手数料を含めた『事務手数料』を請求する会社もありますから、この費用は、建主の負担となります。

とりあえず契約はやめましょう


営業マンの都合や、会社の決算期だからということで、細かな部分が決定していないのに契約をするということが、多くあります。

契約が終わると、すぐに着工の準備に入りますから、とりあえず契約をした場合でも、準備はどんどん進んでいきます。

準備の中には、『建築確認申請』も含まれますので、中途半端な状態で『建築確認申請』が行われることとなります。


着工前に打ち合わせを繰り返し、やがて、細かな部分まで設計が終わった時には、『建築確認申請』に提出した図面とは、まるで違う図面になってしまった。

こうなると、当然、『建築確認申請』の再提出ですが、今後は、わずかな違いでも、再提出になります。


細かなところが未決定の状態で契約をする事、がそもそも問題なのです。

納得がいく内容に煮詰まるまでは、契約はしない!!

必ず、守りましょう!

確認申請がわかる本

■関連記事



posted by イソップ at 05:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知って得する豆知識

地鎮祭と上棟式

地鎮祭や上棟式(棟上式)は新築住宅では、必ず行われた神事です。

神事とは、神様に関した儀式のことですが、神前結婚式や厄払いなども神事のひとつです。


地鎮祭は「とこしずめ」といいますが、その土地にいる神様に、土地を利用させてもらうことの許可を得る儀式です。

許可を得ることによって、工事が事故もなく無事進行する事をお願いするわけです。

神事では、必ず行われる玉串奉奠(たまぐしほうてん)や、地鎮祭特有の鍬入れの儀式を行います。


玉串奉奠の作法


玉串奉奠(たまぐしほうてん)は、紙垂(四手、しで)を付けた榊や杉の小枝を、根元を神様の方向に向けて、祭壇にお供えします。

お供えしてから、2礼2拍1礼をします。
つまり、2回おじぎをして、2回拍手をして、最後にもう1回おじぎをします。

鍬入れの作法


砂を盛って円錐形になった砂山に、まず建て主が鍬(くわ)を3回、砂に入れます。
鍬を入れると、砂が崩れますので、崩れた砂を元に戻すように施工者が、鋤(すき)で砂をすくって山形にします。この鋤も3回行います。

設計監理者がいる場合には、設計監理者が砂の山に立てた竹の小枝を鎌で3回切るまねをします。

切るまねというのは、本当の鎌では無いので切れません!!



こんな感じで地鎮祭は執り行われます。

特に緊張する必要はありません。

服装も、最近は、すんごく ラフです。

(オイ、オイ、一応、神事なんだけど・・・・)


上棟式とは


上  棟  式

ですから、棟が上がった時に行う儀式です。

三角屋根であれば、棟木は、はっきり分かるのですが、
フラット屋根の場合には、棟木ってどれ??


あんまり、硬く考える事はありません。

要するに、

住宅の骨組みが出来上がった時が上棟です。

儀式の中味は、玉串奉奠がメインです。
神事が終わると、直会(なおらい)が行われるのが一般的でしたが、直会は当然、お酒が振る舞われますので、最近は、折詰めを渡して、お開き・・・・・が普通になってしまいました。


地鎮祭は、土地の神様にお許しを願う儀式ですが、
上棟式は、大工の棟梁をねぎらうことが大きな意義になっています。

上棟式の時には、大工さんに「ご祝儀」を渡します。
大工さんにとっては、これが一番嬉しいことですね♪


地鎮祭・上棟式に費用


地鎮祭は、直会は普通行いませんので、
神主さんへの「御玉串料」と「供物料」です。

合わせて、3〜4万円ぐらいが普通です。


上棟式は
供物に「隅餅」が増えますので、3.5万円〜4.5万円が基本料金です。
これに、直会用のお料理や、飲み物・折詰めなどの費用が加わります。

そして、一番大事なのが
大工さんたちへの「ご祝儀」です。

相場は、棟梁で3〜5万円、その他の大工さんには1〜3万円、てなとこです。


一生涯に何回もあることでは、ないですから、やった方がいいですよ〜!!
posted by イソップ at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知って得する豆知識

タマホーム北海道進出?

タマホームがいよいよ北海道に進出するらしいという情報があります。

タマホームは九州から発祥した住宅会社で、一昨年、西日本制覇の後、首都圏を素通りして、仙台に進出した新興住宅会社です。

特徴は「安い」のひとことに尽きます。


従来、ローコスト系ハウジングは、フランチャイズが主体でしたが、タマホームは直営体制でどんどんシェアを拡大して来ました。

みのもんたが出演するTVコマーシャルは、多くの方が見られていることと思います。


ローコスト系ハウジングは「坪当たり25万円」とか「28万円」といった価格表示をしていますが、飽くまでも本体価格の設定単価で、住めるようになる状態では「坪当たり40万円〜43万円」が標準的な価格のようです。


大手ハウスメーカーの坪単価60〜70万円と比較すると、かなりの割安感があります。


坪単価20万円の差はどこから出てくるのでしょうか?

タマホーム以外にもいわゆるローコスト系ハウジングは

◆アイフルホーム
◆ユニバーサルホーム
◆アキュラホーム

などなど

不思議ですよね!


何故、坪当たり20万円もの差が出るのでしょうか?

その辺の秘密に少しだけ迫って見ようと思います。
↓  ↓  ↓
ローコストハウジングの秘密

■関連記事
タマホームでおうちを建てよう!
タマホームの家+かもや呉服店 ぴてぴて店長の趣味の部屋
タマホームの展示場へ!
タマホームでわんわんハウス
タマホームの達人!:目前の土地でタマ上棟!



posted by イソップ at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知って得する豆知識

JIOとは?

株式会社日本住宅検査機構 Japan Inspection Organization のことです。
住宅の検査や性能保証などを行う、民間の機関です。

1999年7月 に設立され、本社は下記住所です。

〒135-0001
東京都江東区毛利1丁目19番10号 江間忠錦糸町ビル
TEL:03-3635-4143(代表番号)
FAX:03-3635-4179

全国に22支店を展開し、ほぼ全国の住宅に対応できる体制となっています。

業務内容の主なものは検査と保証です。

工事工程の中で、4回の検査を行い合格した住宅に対して10年保証を行なうシステムです。


検査は次の4回行います。

・基礎配筋検査
・構造体検査
・外装下地検査
・完了検査

管理人の経験では
自治体の検査に比べると「しっかり検査をしている」という印象があります。


構造耐力に関しては、上部構造も大事ですが、地盤の耐力がもっと大事なことです。
上の4回の検査とは別に、設計開始時に地盤調査をJIOに依頼します。


これで、地盤を含めて総合的に保証をしてもらえるというシステムです。


■10年保証

10年保証の対象となる部位は、主要構造部と雨漏れです。
したがって、4回の検査は主要構造部を検査する
基礎配筋検査と構造体検査

雨漏れの検査をする
外装下地検査
完了検査

となっています。


■費用

検査および保証の費用は面積や住宅の種類によってことなりますが
15万円前後の費用となります。


■住宅の保証を受けるには

ハウスメーカーやビルダーが登録業者となります。登録業者が手続きを行います。


■性能評価

保証とは別に、客観的な性能評価を行います。
評価項目は

◆構造の安定
・耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)
・耐震等級(構造躯体の損傷等防止)
・耐風等級(構造躯体の倒壊等防止および損傷等防止)
・耐積雪等級(構造躯体の倒壊等防止および損傷等防止)
・地盤又は杭の許容支持力等およびその設定方法
・基礎の構造方式および形式等

◆火災時の安定
・火災警報器の設置等級
・脱出対策(3階建て以上)
・耐火等級(開口部)
・耐火等級(開口部以外)

◆劣化の軽減
・劣化対策等級(構造躯体)

◆維持管理への配慮
・維持管理対策等級(専用配管)

◆温熱環境
・省エネルギー対策等級

◆空気環境
・ホルムアルデヒド対策等級
・全般換気対策
・局所換気設備

◆光・視環境
・単純開口率
・方位別開口比

◆音環境
・透過損失等級(開口部・外壁)

◆高齢者等への配慮
・高齢者等配慮対策等級

◆防犯
・開口部の侵入防止対策
・住戸の出入り
・出入り口以外の開口部
・その他の窓

以上について評価を行います。
性能評価を含めた費用は25万円前後となります。

詳しくは日本住宅検査機構


家づくりの成功事例は建築・リフォームランキングへ

 


☆「私はこうして家づくりを成功させました」という方、コメントお待ちしてます。
その他コメント大歓迎♪
メルマガ「失敗しない家づくり」を始めました。
ブログでは書けない内緒の話もたまには・・・・お気軽に購読を♪
(不定期発行です、気紛れです)
posted by イソップ at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知って得する豆知識

ログハウスについて

ログハウスは結構人気があります。
野趣にあふれた雰囲気と木のぬくもりが何とも言えないようです。

管理人は一応建築技術者ですので、雰囲気よりも技術的な事に興味があります。

ログハウスは、丸太を重ねて作る家ですが、当然無垢の木材ですので乾燥することによって縮みます。
専門用語で乾燥収縮と言います。

1本の丸太の直径が20〜30センチあります。2階建ての家ですと、高さが凡そ5.5メートル。
つまり丸太を20本重ねて作ることになります。

1本の丸太の乾燥収縮率を5%と仮定しますと、1本の丸太で1センチ縮みます。20本ありますから20センチ全体で縮むことになります。

以前、ログハウスの専門家に聞いた話では、もっと縮むそうです。


家全体の高さが縮むわけですから、それにつれて窓や玄関ドアも縮んでくれないとつじつまが合わなくなります。

ところが、そうはいかないのです。窓や玄関ドアは縮みません。・・・・・?


どうなるのでしょう?家の高さは縮んだのに、窓や玄関ドアは・・・・?



ログハウスは、あらかじめ乾燥収縮を計算に入れ、縮んだ時に窓や玄関ドアは丸太の内部につくっておいた空洞に入り込むように作られています。

ここにノウハウがあるようです。乾燥による収縮率が分かっていないと数年後にドアが開かないとか、窓が開かないなどの欠陥住宅に変わってしまうのです。

ログハウスに興味のある方はログハウス入門へ!


■ログハウスについてご注意を!

丸太の耐久性を保つために、防腐剤入りの塗装がされています。材料の丸太は外側も内側も区別がありませんから、室内側に防腐剤入り塗装面が露出します。

塗料の種類によるのでしょうが、とんでもないシックハウスの原因になるケースがあります。


ログハウスを検討される方は、この点を確認した方がいいですよ。

欠陥住宅の事例は建築・リフォームランキング

■ログハウス関連ブログ



☆「私はこうして家づくりを成功させました」という方、コメントお待ちしてます。
その他コメント大歓迎♪
メルマガ「失敗しない家づくり」もどうぞ。
ブログでは書けない内緒の話もたまには・・・・お気軽に購読を♪
(不定期発行です、気紛れです)
家づくりの成功事例は人気blogランキングへ
posted by イソップ at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知って得する豆知識

メーターモデュールの坪単価

住宅の建築費の目安としてよく「坪単価」といいます。

昔は、大工さんが「坪○○で建つよ」とか言ったらしいですが、その言い回しがそのまま使われています。

坪単価とは=住宅の総工費÷坪数で計算される金額のことですが、坪単価について正確なことはあまり知られていません。

坪とは1間×1間の面積のことです。

では1間とは

関東間では1間=1,820mmです。

関東間の1坪は3.3124uになります。


現在の京間では1間=1,920mm

京間の場合の1坪は3.6864uになります。


ところが、1間を1,800mmで施工する場合もあり、その時の坪数は3.24uになります。


住宅の総工費をuで割って、u単価で表現すると全国共通の尺度になるのですが、坪単価の方が主流になっています。


ここに、坪単価に対するおかしな現象が現われてきます。


それは、メーターモデュールという考え方によって、建てられる住宅が増えてきたからです。


メーターモデュールとは、住宅を設計する単位の寸法を1メートルで考える設計方法です。


1間の半分である、910か960又は900で伝統的に設計されて来た木造住宅に対して、900〜960の単位寸法を1,000にしますので、同じ間取りの住宅であれば、面積が大きな住宅になります。


例えば、

住宅A=910を単位寸法とした40坪の住宅、面積は132.5uです。
住宅B=まったく同じ間取りをメーターモデュールで作った住宅、面積は160.0uになります。


uを15万円として計算すると

住宅A=1,987万円
住宅B=2,400万円


坪単価は
住宅A=49.675万円

さて住宅Bの坪単価はいくらでしょう?


住宅Aは1間=1,820mmでした、では住宅Bの1間は、2,000mmですから、坪数は40坪・・・・とはならないのです。

メーターモデュールの坪数換算は、1坪=3.24uで行っています。

そうすると、2,400万円÷160×3.24=48.6万円となります。

まったく同じ間取りをメーターモデュールで建てると、400万円も多くかかるのに、坪単価は10,000円安く見えます。



しかし、同じ間取りをメーターモデュールで建てると、すべての部屋がただ広がった状態になるので、メーターモデュールの場合は、プランニングの時点で工夫します。

無駄に面積ばかりが広がるような設計はしません。


それと、住宅Aの場合と住宅Bの場合のu単価は同じではありません。メーターモデュールの方が、u当たりの実質的なコストは下がります。

メーターモデュールの場合のu単価を14万円としてもう一度計算して見ましょう。

160u×14万円=2,240万円

2,240万円÷160×3.24=45.36万円


今度は、同じような間取りだが、プランニングで工夫をして無駄に広い住宅では無いケース。


150u×14万円=2,100万円

2,100万円÷150×3.24=45.36万円


メーターモデュールで建てると、寸法の余裕が生まれるので、どうしても900や910で設計する住宅よりは大きくなります。

ところが、見かけの坪単価は安くなります。


どうでしょうか?ここまでの話・・・・理解できましたか?

何となく?ですね!・・・・書いている筆者もよく分かりません。


つまり、坪単価の比較は意味が無い!ということを、お伝えしたかったのです。

欠陥住宅の事例は建築・リフォームランキング



☆「私はこうして家づくりを成功させました」という方、コメントお待ちしてます。
その他コメント大歓迎♪
メルマガ「失敗しない家づくり」もどうぞ。
ブログでは書けない内緒の話もたまには・・・・お気軽に購読を♪
(不定期発行です、気紛れです)
家づくりの成功事例は人気blogランキングへ
posted by イソップ at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知って得する豆知識

見積書の諸経費ってな〜に?

見積書の最後の方に諸経費とか現場経費という項目があります。

この諸経費とは一体なんでしょうか?

手続関係諸経費 その他の諸経費で少し触れたお話です。

あなたの応援が心強い励ましです→banner_03.gif

 


■見積書の諸経費

ハウスメーカーは値引きに応じるか?で、住宅に限らず全ての商品の価格は次の式によって決定されます。

原価+粗利益=価格 です。

とお話しました。


粗利益の中から、現場担当者の給与・間接的に関わる社員の給与・交通費・福利厚生費(社会保険など)・工事保険料・電話代・事務雑費といった工事を行なうのに必要な費用を支払います。

そのような費用のために、工事費の10〜15%を工事の諸経費として計上します。

名称は諸経費とか現場経費という見積項目になっています。

あるいは、現場経費一般管理費に分けて計上する場合もあります。

一般管理費とは、現場に直接関わる経費ではなく、会社を運営するために必要な経費を、各現場に振り分けるために一定の料率で計上されます。


見積書には


  木  材      ○○円
  システムキッチン○○円
  大工手間     ○○円

と、工事の細目が並んでいって、最後に諸経費が計上されて工事費が計算されます。


粗利益については、以前にお話しましたが、25%ぐらいが最低限度の金額です。ですから、当然諸経費で計上した以外の粗利益分は、各工事品目

  木  材      ○○円
  システムキッチン○○円
  大工手間     ○○円

の○○円の中に含まれています。

そうすることによって、全体で必要な粗利益が生み出されるように、見積書は構成されています。


要するに「諸経費とは儲けの部分か!」と思いましたか?
そうです、儲けの部分です。儲けとは会社を継続するための必要な費用なのです。

「儲けなくてもいいから、安くしろ!」・・・・気持ちは分かりますが、儲けさせてやる代わりにきちっとした仕事をしてもらいましょう。
商談現場のナマ見積書が見たい!

お役に立ちましたら1クリックお願いします→banner_03.gif




☆「私はこうして家づくりを成功させました」という方、コメントお待ちしてます。
その他コメント大歓迎♪
メルマガ「失敗しない家づくり」を始めました。
ブログでは書けない内緒の話もたまには・・・・お気軽に購読を♪
(不定期発行です、気紛れです)
家づくりの成功事例は人気blogランキングへ
posted by イソップ at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知って得する豆知識

ハウスメーカーは値引きに応じるか?

マイホームの夢がもうじき実現する♪さあ、そろそろ契約だ。・・・・ところで、値引きしてくれるのかな?

これって、誰でも思いますよね。ただ、口に出して言うか言わないかですが・・・・?

契約に向けて詳細な打ち合わせを行うで触れた話です。

あなたの応援が心強い励ましです→banner_03.gif


ハウスメーカーは値引きをするのか?これについては当然ですが、データは公表されていません。
「車買う時だって値引きがあるのだから、○千万という買い物だもの値引きするのが当然」という方もいらっしゃると思います。
さて、果たしてどうなのでしょう?

結論を先に言います。

「値引きすることもある!」です。 も! です。


では、どういう時に値引きするの?

それは、こ、こ、ここでは申せません!


その代わり次の記事をお読みください。

【住宅価格の実態】

住宅に限らず全ての商品の価格は次の式によって決定されます。
原価+利益=価格 です。

では、住宅の場合の価格の実態について話を進めます。

(分かりやすくする為に、会計規則で使用している言葉は使いません)

一般的には上の式の利益を「粗利益」と呼んでいます。粗利益÷価格=粗利益率と言います。

粗利益の部分は更に次のようになります。

粗利益−現場経費=1棟あたり現場利益

[1棟あたり現場利益]を年間合計したものが、[現場利益合計]

[現場利益合計]−[年間営業経費]−[年間一般管理費]=年間経常利益

だんだん分かりずらくなって来ましたね。もう少しですから我慢してください。


【あなたが会社を経営していると想像してください】

会社の概要を次のように仮定します。

年間売上      20億円
社員数       30名(社長も含む)
年間経常利益目標   1億円(経常利益率5%)
年間一般管理費    2億円
年間営業経費     1億円

[現場利益合計]は 1億円+2億円+1億円=4億円となります。

現場経費は年間売上の5%と仮定すると、1億円です。

以上から年間粗利益合計が算出されます、5億円ですね。

この場合の粗利益率は 5億円÷20億円=25%です、いい数字が出ました。

粗利益率25%は、住宅産業では最低限の数字です。25%を割り込むと会社経営が難しくなります。

何故か?
現場経費は現場でかかる工事保険だとか、工事担当者の給与・交通費だとかに使われます。
営業経費は、モデルハウスや見学会の広告費、営業マンの給与・交通費に使われます。
一般管理費は、事務管理部門の人件費や事務所の経費、社員の福利厚生費(年金・保険)などに使われます。

25%を割り込むと、経費を減らすわけには行きませんので経常利益が減ります。
経常利益の約4割は税金となりますので、年間の利益として残るのは6,000万円を下回ります。

実はあなたは、来年新しいモデルハウス兼建売住宅を建てようと計画していました。その計画は土地代1,500万円+建物原価1,500万円=3,000万円かかります。
でも、余剰金の利益が6,000万円を割り込みました。余剰資金が少なく心配ですね。ではどうしましょうか、銀行から借金しましょうか?・・・・・もう少し余剰金があれば、借金しなくて済むのにな〜と、思いませんか?


【話は進みます】

一般的にハウスメーカーは、粗利益を35%前後に設定しています。35%粗利益が無いと次の事業展開をスムースに出来ない事情がこの辺にあります。


住宅展示場には、各社のモデルハウスが建っています。住宅展示場の土地は、各社の所有ではありません、借りているのです。
借地代と年間広告宣伝負担金を合わせて、「出展料」を支払っています。どのくらい払っているか?
地方の中核都市で月100万円〜150万円。首都圏は200万円〜300万円になります。

1棟のモデルハウスを出展するだけで年間1,200万円〜3,600万円経費がかかります。3〜5ヵ所のモデルハウスを出展すると1億円年間かかります。

何となく分かりますか?35%の粗利益設定の必要性が?


ですが、私はこう思っています。モデルハウスを建てたり、住宅展示場に出展する事って、本当は無駄な費用じゃないの?と。
35%も粗利益が無くても住宅会社を経営する方法ってあるんじゃないの?


【値引きの交渉】

値引きの話をする場合には、以上書きましたことを念頭に入れて下さい。
値引きをする事は、その会社の首を絞めることに近い事です。

限られた予算の中ですから、「どうしても予算上あと200万円が足りない」といった場合、営業マンといろいろ相談して下さい。設計内容もある程度減額する方法を検討してみて下さい。それでもどうしても足りない場合、5%ぐらいだったら何とかなるかもしれません。あくまでも「一緒に金額を下げる努力をする」という前提で。決して「値引きして当然」とは思わないで下さい。

ただし、始めから値引きを前提に価格を設定している会社の場合は別ですよ。


お役に立ちましたら1クリックお願いします→banner_03.gif




☆「私はこうして家づくりを成功させました」という方、コメントお待ちしてます。
その他コメント大歓迎♪
家づくりの成功事例は人気blogランキングへ
posted by イソップ at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知って得する豆知識

固定資産税を少なくする方法

登記関係諸経費の時に触れた固定資産税を少なくする方法です。

家づくりの成功事例は建築・リフォームランキングへ


住宅が完成しますとおよそ半年以内、建てた年の年末までには必ず、役所から固定資産の評価額を決めるために係の人が来ます。

あまり歓迎したくないのですが、暖かく迎えましょう?

図面があれば、図面を見ながら住宅の中を見て回ります。何を調査しているのかと言いますと、仕上げ材や住宅設備関係の器具等を調べて、評価額のベースになる再建築価額を計算するためのデータを集めているのです。


調査が終わると、機嫌よく見送ってあげましょう♪


そうして年が明けて春になると、やって参ります。

「固定資産税・都市計画税 納税通知書」です。

固定資産税を少なくする戦いはこれから60日間です。


納税通知書には、交付日が記載されています。その交付日から60日以内に、固定資産税の元になっている評価額が「高いんじゃないの?」と、役所に行きましょう!


これは、別にごね得をしようと言うことではありません。

固定資産評価審査申出制度という正当な公的制度があります。

固定資産評価審査委員会に対して固定資産評価審査申出書という書類を提出して審査をしてもらいます。審査委員会では、本人が口頭で意見を述べることも出来ます。

書類の提出は役所の担当窓口です。


だめでモトモトです。固定資産税は住宅が建っている限り継続して納税するものです。出来れば少しでも安い方がいいですよね。

頑張ってチャレンジしてみて下さい。

過去に私のお客様の数名が申出を行い減額に成功しています。


私自身はやった事が無いので、実際の手続きの面倒さが、どのくらいあるのか分かりませんが、成功したお客様は「やって見るもんだね・・・・ハッハッハッハッ(笑)」と言ってました。

以上、固定資産税を少なくする方法 でした。

お役に立ちましたら1クリックお願いします→banner_03.gif




☆「私はこうして家づくりを成功させました」という方、コメントお待ちしてます。
その他コメント大歓迎♪
メルマガ「失敗しない家づくり」を始めました。
ブログでは書けない内緒の話もたまには・・・・お気軽に購読を♪
(不定期発行です、気紛れです)
家づくりの成功事例は建築・リフォームランキングへ


posted by イソップ at 18:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | 知って得する豆知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。