雨漏れの悩みと対策

雨漏れは大変いやなもんです。
雨が降っていないのに雨が漏る。
こんな現象が雪国ではあります。雪が融け始める頃が多く、天気が良く気温が高くなった時に「何で雨漏れ?」ということがあります。

この現象はすがもれといいます。

軒先などの屋根の一番低い部分にたまった雪が、凍ってしまい、そこへ雪が融けて水がたまります。
凍った雪が堤防のような役割をして、プールのような状態になってしまいます。

屋根は板状のものを重ねながら葺いていますので、つなぎの部分から水が逆流して、雨漏れのような状態となってしまいます。

対策としては、屋根の上に氷が出来ないようにすることがポイントです。

氷が出来る原因は、雪が融けて、夜間冷えると凍結をすることによります。
つまり、雪が融けなければいいのです!


雪が融ける原因は

・太陽熱
・住宅内部の熱が、屋根面を暖める

この2つです。

太陽熱は防ぎようがありません。
残るは住宅内部からの熱の遮断です。

天井裏の断熱と天井裏の通気性を良くすること。すが漏れのおきる住宅はほとんど、天井裏(小屋裏)の通気性がよくありません。

すが漏れで悩んでいる方・・・・・一度小屋裏の通気性を点検してみましょう!!

現場で学ぶ住まいの雨仕舞い

雨漏れの根本的な解決方法
 
屋根の仕上材(屋根葺き材)の形状が、雨漏れ・すが漏れを100%防ぐことになっていないのがそもそもの原因です。

木造住宅でも、コンクリート造の屋根のように、一体型の防水を行うことが出来れば、雨漏れの悩みは解決します。

そんな工法があるのでしょうか?

防水工法としては、FRP防水やシート防水工法はありますが、部分的にしか使用できません。
例えば、2階のバルコニー・ベランダの防水です。

理由は?

不燃材では無いからです。


木造住宅の屋根は不燃材を使用しなければなりません。不燃材でありながら、一体型の防水性能がある材料。

そんな材料・工法があるのでしょうか?

あります!!!

それはこれ!

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

申し訳ありません。まだ発表できません!

4月になったら発表します。(平成19年4月発表予定)
特許の関係とかいろいろあるんです。


4月じゃ忘れてしまう!という方は
これをクリック↓



posted by イソップ at 08:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | 住まいのメンテナンス

DIYでウッドデッキを作る

ウッドデッキが大変人気ですが、DIYで作るウッドデッキは作る過程が楽しいし、完成してからの愛着も全然違うものになります。

DIY用の材料はホームセンターにたくさんあり、案外手軽に材料は用意出来るものですが、ホームセンターの材料は、品質や耐久性で今ひとつ疑問ですね。

そんな、こだわりの方にDIY材料専門店のご紹介を


住まいる通販


ウッドデッキの組立キット


床ユニット、手摺ユニット、階段ユニットが揃っていて、基礎工事が終われば簡単に組立できそうです。







DIYユニットデッキ




床ユニットが自立するタイプなので、デッキのレイアウトは自由に変更可能です。


木製ガーデンテーブル&チェアー


ウッドデッキにマッチする木製ガーデンテーブル&チェアー、材料はケンパス材なので耐久性はOK。






DIYでアプローチには枕木


枕木ですが、線路で使われていた枕木ではありません。ロシアンパインで作られた新品。


■DIYでウッドデッキを作りたい方

ウェスタンレッドシダー


塗料・防腐剤


オーストラリア産中古枕木

国産中古枕木


ラティスフェンス


DIYシロアリ駆除法



DIYでウッドデッキをつくる参考になるかも?
建築・リフォームランキングへ
posted by イソップ at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | 住まいのメンテナンス

住いのメンテナンスは自己責任です!メンテナンスはDIYで!

住まいのメンテナンスのお話です。

あなたの応援が心強い励ましです→banner_03.gif

 

住宅の保証期間に10年保証とうたわれる事が多いですね。これは住宅の品質確保に関する法律というのが施行されて、構造上重要な部分に対してと雨漏れに対して10年保証をすることが義務付けされた事によります。

ところが何でも10年保証なんだと、勘違いしている人がすごく多いのです。

構造上重要な部分ですから、基礎や土台、柱・梁、屋根の骨組みなどを言います。外壁の表面が剥離したり、劣化した場合に10年保証だから、と思っている人は間違いなんですよ。

外壁は構造上の重要な部分ではないのです。

10年保証の対象以外の部分は1〜2年の保証がほとんどです。

したがって、外壁の表面上に起きたトラブルなどは、2年過ぎると自分で補修しなければなりません。

住宅は人間の体と同じで、年数が経つとだんだんあちこち傷んでくるものです。補修には当然費用もかかります。出来るだけメンテナンスに費用のかからない方法があれば、有難いですよね。

費用をかけないメンテナンス=自分でやる。
Do it your self (ドゥー イット ユア セルフ)ですね。

今は、ホームセンターに何でも揃っていますから、やる気さえあればDIYは楽しいものです。

是非、DIYにチャレンジしましょう。



自分で施工が出来て結構楽しいのが、最近話題の素材、珪藻土。


調湿効果や、抗酸化作用があるとか無いとか言われていますが。化学系素材とは違う、なんとも言えない暖かみがあります。

建築の職人さんの分類では左官工事になります。
珪藻土を水で練って左官コテで塗っていくのですが、こてムラが何とも言えない味わいとなって、素人施工でもかなりの仕上がり具合になります。


珪藻土DIYの実例をブログの中からご紹介
自分で塗れる珪藻土の塗り壁材
〜豊かな暮らしのお手伝い〜:自然素材 珪藻土&漆喰
建築塗装ブログ: SK調湿ウォール・ウェーブ仕上げです。
アニモといっしょに:DIYに挑戦「珪藻土・芝張り」

お医者さんが書いた住まいの本 にも珪藻土の事が書かれています。

お役に立ちましたら1クリックお願いします→banner_03.gif




☆「私はこうして家づくりを成功させました」という方、コメントお待ちしてます。
その他コメント大歓迎♪
家づくりの成功事例は人気blogランキングへ
posted by イソップ at 14:45 | Comment(2) | TrackBack(1) | 住まいのメンテナンス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。