建築家がつくる間取り

住まいの間取りを業界用語ではプランニングといいます。
プランともいいますが、住宅の計画全体を表す言葉です。

具体的な表現手段では、平面図の下書きのようなものになりますので、一般的には間取り図といわれます。

間取りの検討では、平面的なことと同時に立体的な検討をしています。

良いデザインは良いプランからといわれますが、プランがまずいと実際に建ちあがった住宅のデザインは、決して誉められたものにはなりません。


今回は、間取りに関してのプロの手法や、観点をご紹介します。

安藤忠雄にみる建築家の住宅


安藤忠雄氏が建築界に華々しくデビューしたのは住吉の長屋によってです。


部屋から部屋の移動には、雨の日は傘をさして移動するという、画期的??な考え方がセンセーションを巻き起こしました。

安藤忠雄氏の業績に関してはこちらが詳しいです!!


住宅の間取りは、住む人自身の個別的条件と、敷地などの外的条件によってまったく異なります。

雨の日は傘をさして移動するという、普通では考えられないような間取りが、これらの条件の中では成立するのです。

決して奇をてらったわけではなく、あらゆる条件の中で、この住吉の長屋をひとつの計画としてまとめあげる過程で生まれた手法です。

このような独自な手法が発表されると、何故か真似をする人が出てきます。

建築デザインの歴史はある意味では真似の歴史でもありますが、特殊な条件でしか成立しない手法を、外見上だけ真似るというのは、どんなモンでしょうか?



さて、デザインの真似の話はおいといて、本題に戻ります。

間取り=プランニング能力は、教科書通りにやるとマスター出来るというものではありません。

教科書自体がありません・・・・・!!


創造性や想像力、洞察力、予見能力などといった事が、すぐれている人ほど、明解なプランをつくります。
そして、そのプランはその住み手にしか通用しないプランとなります。

独自性と簡単に言いますが、そのプランはその住み手だけの、たった一つの答えとなります。まさにオンリーワンです。

建築家がつくる間取りは、オンリーワンの度合いが究極なまでに高まります。
そして、平面プランは、立体的なデザインにまで反映されます。

平面と立面が別個にあるわけではありません。
あんなデザインがいい! こんなデザインにしたい!! 
といっても、平面プランから決まるデザインなのです。

また、建築家にとっても、1件1件がオンリーワンであり、ふたつと同じものをつくらないのも建築家です。


自分だけの、たったひとつしかないものを創造する。
その創造の過程を、建築家とともに共有する。

そんな想いが持てないと、ただ「わがまま」だけのクライアントになってしまいます。


創造の過程で、もしも「雨の日には傘をさして部屋から部屋へ移動する」プランを提示された時に、その不思議な形体ではなく、奥に秘めた考えに納得出来るのなら、それは良しとすべきですし、納得がいかなければ、とことん議論すべきです。


住まいをつくる方法として、建築家とのコラボレーションを選択した方は、是非、創造の過程を楽しむことを優先にしてみてください。

きっと、素晴らしい体験として記憶されることと思います。

安藤忠雄関連書籍

施主と建築士の広場へ
posted by イソップ at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築家とつくる家

建築家と家をつくるには

建築家と家をつくる
こんな言葉が、普通に言える時代になったんですね。

建築家・建築士に対する社会的な評価の高まりが背景にあります。

一方、耐震偽装といったマイナスイメージが付きながらも、建築士という存在が社会の表に出てきました。

建築家とつくる家とは?のつづきです。

家づくりの成功事例は建築・リフォームランキングへ

 

■建築家に家を設計してもらうとどうなるか?

ハウスメーカーや工務店に依頼するよりは、「オンリーワン」な家が出来ることは間違いないです。ハウスメーカーは標準仕様というものがあり、標準仕様とそれ以外とでは価格の面で格差が大きく、標準仕様で建てられる事が多く、また、プランニング面でも大体似たようなプランになってしまう事が多く見られます。

工務店さんは、内部に設計の専門家がいる場合は少なく、外注で図面をまとめるといったパターンが多く、外注で仕事を受けた設計事務所も、報酬の面からは「ごく普通の仕事をする」といった結果になってしまいます。

建築家・建築士に直接、設計を依頼した場合には、力の入れ方が違いますから、出来上がるものもそれなりのグレードになるものです。


さて、建築家・建築士には、大雑把に言って、2通りのパターンがある事はご存知でしょうか?


◇すごく変わった家をつくる人
◇割と普通の家をつくる人

この2通り

あるいは、

◇使いにくい家をつくる人
◇使いやすい家をつくる人

あるいは、

◇作品意識の強い人
◇作品よりも、住み手を大事に考える人


■建築家がつくる最悪な家

作品意識の強い人が、すごく変わった家で、使いにくい家をつくってしまったら、そんな家にあなたは住みたいと思いますか?

作品意識はあった方がいいのですが、それがあまりにも強すぎると、住み手のことをまったく無視した家をつくってしまいがちなのですね。

こだわりがあり、オリジナリティにとみ、格好のいいオンリーワンの家・・・・・だけど、住みにくい

現実にあります!こういう家・・・・・やりたくなかったけど、大幅にリフォームしちゃいました。


■建築家に家を設計してもらう方法

始めから、この建築家!と決めてしまうと、もしかして最悪のパターンに・・・・・

それを防ぐ方法です。


まず、こちらをご覧下さい→施主と建築士の広場

このサイトは、1999年から運営されているサイトです。


サイトの目的は

ハウスメーカー・ビルダー・工務店ではなく建築家・建築士に設計をしてもらいたいという建て主と、建築家・建築士との出会いの場を作るお見合いサイトのようなものです。個人の方が運営しています。

私が、まだ設計事務所をやっていた頃に注目していたサイトです。

「いい家づくりをするためのひとつの方法だな〜」と思っていました。1999年スタートからもう6年が経過し順調に運営されているようです。

詳しいシステムはサイト内をくまなく見てみたり、メルマガを購読するのもいいのでは。

建築家に頼んでも、最悪な家をつくらない方法がここにはありますよ。

テレビのビフォアーアフターなど、建築家・建築士との距離が非常に短くなってきた現在、建築家・建築士との家づくりを考えるのもひとつの選択肢だと思います。

お役に立ちましたら1クリックお願いします→banner_03.gif




☆「私はこうして家づくりを成功させました」という方、コメントお待ちしてます。
その他コメント大歓迎♪
メルマガ「失敗しない家づくり」を始めました。
ブログでは書けない内緒の話もたまには・・・・お気軽に購読を♪
(不定期発行です、気紛れです)
家づくりの成功事例は建築・リフォームランキングへ
posted by イソップ at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築家とつくる家

建築家とつくる家とは?

住宅を建てる時に考えるーどこで建てようか?

どんな方法があるのでしょうか?

◇ハウスメーカー
◇地元ビルダー
◇知り合いの工務店
◇設計事務所

の4通りが考えられます。

今回は、設計事務所・建築家と建てるケースのお話

あなたの応援が心強い励ましです→banner_03.gif

 

建築士事務所

設計事務所、正式には建築士事務所といいます。国土交通省または都道府県に登録して、建築士事務所として認められます。

◇建築士事務所は3種類

建築士の免許によって

一級建築士事務所
二級建築士事務所
木造建築士事務所

の3種類があります。

通常は、一級建築士事務所が独立した業態として、建築士事務所を運営しています。


建築家

最近はテレビで建築家という言葉が出てきますが、正式な定義としては、日本建築家協会に登録されている建築士を建築家と称しますが、テレビの影響で、日本建築家協会会員でなくても、建築家と称されているようです。この記事ではそんな場合も含めて建築家と称します。


■建築家と家をつくる

建築家と家をつくる場合、建て主は建築家と設計監理業務委託契約を締結します。建築家に対する報酬は設計監理業務報酬として支払います。

費用は、おおよそ工事金額の10%です。

◇建築家の役割

建築家の仕事は、これから建てようとする住宅の企画・設計・工事監理の一連の仕事となります。

具体的には

・プランニング
・基本設計
・実施設計

を行って、実際に工事を行う工務店などの選定を行います。

工務店の選定には、工務店の技術レベルや工事費の見積金額などが判断材料となります。

つまり、設計の仕事と工事を行う仕事が完全に分離されることになります。

工事を行う工務店が決定して、着工となりますがそこからは

・工事監理

という仕事になって行きます。


工事監理と工事管理とは違います。

設計事務所が設計業務の一環として行うのが    =工事監理
工務店の現場管理者が工事現場や工程を管理するのが=工事管理

ちょっと分かりずらいでしょうか?

では、こんな表現は

工事監理をする建築家は作業着が似合わない。
工事管理をする現場担当は作業着が似合う。

つまり、作業着を着ないのが工事監理、作業着を着るのが工事管理としましょう。


■何がメリットか?

建築家に設計監理をしてもらうとこんないい事が

・センスのいい家になる
・オリジナルな家が出来る
・こだわりのある家になる
・望んでいた家が出来そう
・工事がきちんと進む(手抜きやごまかしがない)
・安心感がある

といったところでしょうか。


では、デメリットは?

これが結構あるんですね!

このつづきは次回で

お役に立ちましたら1クリックお願いします→banner_03.gif


■関連記事
パグは田舎暮らしができるのか 工務店か建築家か3
建築家に頼む家もそれぞれ
ぶどろぐ:やきいも食べた
楽しもう!住まいづくり
落選市場(大豊田ビルヂング別館): よい建築とは?


☆「私はこうして家づくりを成功させました」という方、コメントお待ちしてます。
その他コメント大歓迎♪
メルマガ「失敗しない家づくり」を始めました。
ブログでは書けない内緒の話もたまには・・・・お気軽に購読を♪
(不定期発行です、気紛れです)
家づくりの成功事例は人気blogランキングへ
posted by イソップ at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築家とつくる家
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。