ペースに乗るな!営業マンが使う常套文句第3弾

過去に配信したメールマガジンのバックナンバーです。
このページは第7号です。

□■□ 
失敗しない家づくり 【ペースに乗るな!営業マンが使う常套文句第3弾】
第7号 2006.11.04□■□

今年もあと2ヶ月です。今年の目標達成度はいかがですか?

購読登録・解除はこちらです http://www.mag2.com/m/0000209046.html
メルマガバックナンバーも  http://www.mag2.com/m/0000209046.html

□第7号の目次
 ◆先週のブログ更新案内
 ◆特集「ペースに乗るな!営業マンの常套文句第3弾」
 ◆RSSについて
 ◆おすすめ無料レポート
 ◆編集後記

■先週のブログ「欠陥住宅防止法」更新案内

 10/29 欠陥住宅になってしまうリフォーム工事

 10/31 DIYでウッドデッキを作る
     
 11/2 欠陥住宅を購入した、欠陥住宅が建ってしまった
     

■ 特集記事
【ペースに乗るな!営業マンの常套文句 第3弾】
  
  住宅展示場を見学して、印象に残ったハウスメーカーが
  3社ほどだったBさん。

  ある日、インターホンが


  「○○ホームのHと申します。
  先日はありがとうございました。
  近くを通りかかったものですから、
  新商品の資料をお持ちしました。」


  Bさんは、○○ホームのことはまったく印象に残っていません。


  「近くを通りかかった?」
  「資料?何だろう?」


  と、玄関ドアを開けます。


  ドアを開けると、まだ若いがかわいい営業マン

  つい話が弾んでしまい、
  3日後に再訪の約束を・・・・


  検討する会社が1社増えてしまいました。



  ○○ホームのH社員はたまたま近くを通りかかったわけではありません。
  Bさん宅へ「突訪」(突然訪問)をする時の常套文句です。


  お客様は、検討する気の無い会社から突訪を受けると
  「しつこい」という印象を持つものです。

  ところが「たまたま、近くに」と言われると、
  「しつこい」という印象が薄れます。


  「しつこい」印象を薄めながら突訪を行い、
  商談に入るキッカケを作る方法です。


  「たまたま、近くに」と言われたら

  「あ、わざわざ来たのね!」と思って下さい。


■RSSについて

  RSSってご存知ですか。
  住宅の話ではありません。インターネット関連の言葉です。

  知っている方は、飛ばして下さい。


  ホームページを閲覧する場合、
  検索して、探している情報が出ていそうなサイトを見つける。
  「お気に入り」のサイトがあって、時々見に行く。

  のどちらかですね。


  RSSという機能は、
  お気に入りのサイトをRSSリーダーに登録しておくと
  そのサイトが更新した場合に、更新内容のデータとともに
  更新情報が送られて来ます。


  たまに見に行ったサイトが更新していなかった、
  ということがなくなります。


  インターネットの情報は、これまでは、
  自分から探しに行く、というパターンでした。

  それが、RSSによって、ほしい情報だけが、
  更新された時にだけ、送られてくる。

  というパターンになります。

  現在は、ブログサイトはほとんどRSS機能が付いており
  RSSデータを発信できるようになっています。

  ウェブサイト(普通のホームページ)も
  段々そのような機能が付くようになって行きます。


  RSSを利用するには、RSSのソフトを入手しなければなりません。


  おすすめは、gooのRSSですね。


  こちらからダウンロードできます。(無料です)
  ↓  ↓  ↓
  http://reader.goo.ne.jp/

  ウェブ版、アプリ版、携帯版があります。


  キーワードによって、最新情報を集めたいという方は
  アプリ版がいいでしょう。


■おすすめ無料レポート

 ◇今週のおすすめレポート
  棟梁の目で見た、新潟県中越地震見聞録

 ◇先週までのおすすめ無料レポート

  【今年6月よりスタート!】あなたの家は大丈夫?
  住宅用火災警報器の設置義務化に伴い、知らないとマズイ必須まめ知識

  自分で出来る『欠陥住宅』を防ぐ7つの自己防衛策

  【誰も教えなかった秘策を公開!「目からウロコ」のハウスメーカー比較検討法】

  現役住宅メーカー営業マンがタブーを破り暴露!
  99.99%の人が知らない絶対に失敗しないマイホームづくり  

  我が家の耐震診断−木造住宅編
  
  住宅展示場見学を失敗に終わらせない7つの掟
  


■編集後記
イソップは今年、まだまだやる事があります。あと半年時間がほしいなあと思っています。

□■□
■発行責任者  イソップ
■ブログサイト 欠陥住宅防止法
          高気密高断熱住宅は外断熱住宅しかない
■購読・解除  http://www.mag2.com/m/0000209046.html
□■□
posted by イソップ at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー

ペースに乗るな!営業マンが使う常套文句第2弾

過去に配信したメールマガジンのバックナンバーです。
このページは第6号です。

□■□ 
失敗しない家づくり 【ペースに乗るな!営業マンが使う常套文句第2弾】
第6号 2006.10.28□■□

日ハムがおかげさまで日本一になりました。応援ありがとうございます。

購読登録・解除はこちらです http://www.mag2.com/m/0000209046.html
メルマガバックナンバーも  http://www.mag2.com/m/0000209046.html

□第6号の目次
◆先週のブログ更新案内
◆特集「ペースに乗るな!営業マンの常套文句第2弾」
◆おすすめ無料レポート
◆編集後記

■先週のブログ「欠陥住宅防止法」更新案内
   *高気密高断熱住宅のカテゴリを、分離して独立サイトにしました。
     サイトタイトル:高気密高断熱住宅は外断熱住宅しかない
          
     10/27 高気密高断熱の必要性

     10/27 欠陥住宅論


■特集記事
【ペースに乗るな!営業マンの常套文句 第2弾】
  
何社かと打ち合わせを進めているAさん。

ですが、なかなか「この会社」と、絞ることが出来ません。


X社は、実績もあるし評判も悪くない。
だけど、営業マンがまだ若く、少し頼りない感じ。

Y社は、規模が小さくコツコツと手作りの雰囲気があるが、
センスがいま一。

Z社は、一番熱心でいろんな提案をしてくれるが、
値引きの話を出して結論を早くせまってくる。


う〜ん、どこにしようかな?

家族の意見もバラバラで、まとまらない。



こんな状態になることがあります。


この状態がしばらくつづくと、
段々と考えるのが面倒になってきます。


自分で、決断できない。
決断する材料は全部そろっているのだけど
決めきれない。

何故でしょうか?

一生に1回か2回の大きな買い物だからです。

慎重になります。


ですが、慎重になればなるほど、決断できない。



こんな時にポーンと発せられる営業マンの常套文句

「おまかせください!」



本当におまかせ出来る営業マンなら問題ないのですが、
まかせちゃいけない営業マンにまかせたら大変なことに


例えば、このようなことに
営業マンを信頼して契約したが、契約後は全然連絡をよこさない



「おまかせください!」は、
迷っているお客様の背中を押す言葉です。

「お願いします」 「決めてください」などの言葉は使いません。


一所懸命頭を下げて「お願いします」を連発する営業マンは
売れない営業マンです。

売れている営業マンは、自信を持って
「おまかせください!」をただ一言


この一言を発する営業マンは
上に書いた3社のうち、Z社のような会社に多いものです。



この言葉が出てきたらどうしたらいいでしょうか?


一番いいのは、


無視!!


聞かなかったことにしましょう。

決断できない状態にあるわけですから
心理状態もかなり不安定です。

そんな時に、この言葉が出てきたら
つい・・・・・・・・。


これまで、私も何回この言葉を使ったことでしょう(笑)?



どの会社にするか?

決断は、いつかはしなければなりません。

建てる会社の内容や、工法、仕様など比較しても
ここ!と、決められない場合は
どこでもいいのです。


選ぶのは、営業マンを選ぶのです。

本当に相談相手になってくれそうな営業マンを選ぶのです。
そして、まかせてはいけません。

いっしょに家づくりをしていくのです。

家づくりは、施主と建てる会社・営業マンとの
共同作業だということを忘れないで下さい。


■おすすめ無料レポート
◇今週のおすすめレポートはありません。
*読む時間がありませんでした。

◇先週までのおすすめ無料レポート

【今年6月よりスタート!】あなたの家は大丈夫?住宅用火災警報器の設置義務化に伴い、知らないとマズイ必須まめ知識

自分で出来る 『欠陥住宅』を防ぐ7つの自己防衛策

誰も教えなかった秘策を公開!「目からウロコ」のハウスメーカー比較検討法


現役住宅メーカー営業マンがタブーを破り暴露!
99.99%の人が知らない絶対に失敗しないマイホームづくり

我が家の耐震診断−木造住宅編


住宅展示場見学を失敗に終わらせない7つの掟


■編集後記
今年の北海道は、選抜高校野球から始まり、夏の駒沢苫小牧VS早稲田実業、そして日本ハムのリーグ優勝、25年振りの日本一と、野球一色でした。
本州から比べるとまだまだ、景気回復の実感の無い北海道ですが、ここにきて何となく元気が出てきたようです。
来年も・・・・と、思うのですが、
何やら、日本ハム崩壊という話が・・・・・

ヒルマン監督、レンジャーズと国際電話で“面接”

日本ハム、崩壊へ… 監督、選手が続々と退団か!!

日本ハム・岡島、メジャー移籍か在京球団へ復帰も

小笠原、FAで巨人入りへ加速!!

日本ハム激震!!チームの顔が退団


□■□
■発行責任者   イソップ
■ブログサイト  欠陥住宅防止法
         高気密高断熱住宅は外断熱住宅しかない
■購読・解除    http://www.mag2.com/m/0000209046.html
□■□
posted by イソップ at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー

ペースに乗るな!営業マンが使う常套文句(メルマガ005)

過去に配信したメールマガジンのバックナンバーです。
このページは第5号です。

□■□ 
失敗しない家づくり 【ペースに乗るな!営業マンが使う常套文句】
                    第5号 2006.10.22□■□■

購読登録・解除はこちらです http://www.mag2.com/m/0000209046.html
メルマガバックナンバーも  http://www.mag2.com/m/0000209046.html

□第5号の目次
◆先週のブログ更新案内
◆特集「ペースに乗るな!営業マンの常套文句」
◆おすすめ無料レポート
◆編集後記

■先週のブログ「欠陥住宅防止法」更新案内
  10/15 自営業や契約社員は住宅ローンが組めないのか?

  10/16 建築家とつくる家とは?

  10/17 建築家と家をつくるには

  10/18 ある欠陥建売住宅の事例

  10/20 欠陥住宅防止の為に自分で出来ること

  10/21 欠陥住宅は人為的ミスが元


■特集記事
【ペースに乗るな!営業マンの常套文句】
  
住宅展示場を廻り、ある程度検討する会社も決めたAさんは
次回の打ち合わせまでに、もう少し要望したい事をまとめようと思っていました。

そんなある日電話が、

「Aさんのお宅ですか?○○ハウスのBと申します。
先日は大変ありがとうございました。
ところで、お住まいのご計画の方はその後いかがですか?」

正直なAさんは、ついしゃべってしまいました。

「○○ハウスさんですか?
いや〜、今、ある会社と話をしていますので」

これを聞いた営業マンは明るい声で

「そうですか、具体的に進んでいらっしゃるんですね。
でも、1社だけでは比較できませんよね。
プランだけでも出させていただけませんか?
プランだけでも参考になりますよ。」

と、ここで 「プランだけ」 「だけ」 を強調します。

これを聞いたAさんは

「プランだけ」 だからいいかな〜と思い

「それじゃ〜・・・・・・・」

と、アポイントを入れてしまいました。

「プランだけ」はプランだけに終わりません。


「資料だけ」
「パンフだけ」
「見積もりだけ」
どれも同じ目的に使われます。

「だけ」は、警戒心をうすめて、訪問するきっかけを作る常套文句です。


営業マンにとって、商談が進まなければ、実績を上げることはできません。

商談を進めるまでにはいくつか関門があります。


1、インターホン越の会話
2、玄関先での会話
3、上がりこんでの会話

「上がりこみが出来れば、かなりの確率で契約できる」と言う、豪腕営業マンがいます。


上がりこむ手段として、方法はなんでもいいのです。

「・・・・・だけ」が上がりこむキッカケを作る常套手段として使われています。
売れる営業トークにはたったひとつの理由(わけ)がある


■ おすすめ無料レポート
◇今週のおすすめ
 【今年6月よりスタート!】あなたの家は大丈夫?住宅用火災警報器の設置義務化に伴い、知らないとマズイ必須まめ知識
ポイント:火災警報器の話より、後半の「1,000円シャツ」の話、笑えます♪

自分で出来る 『欠陥住宅』を防ぐ7つの自己防衛策
ポイント:住宅施工の技術的な事が知りたい方にはおすすめ

◇先週のおすすめ
【誰も教えなかった秘策を公開!「目からウロコ」のハウスメーカー比較検討法

現役住宅メーカー営業マンがタブーを破り暴露!
99.99%の人が知らない絶対に失敗しないマイホームづくりの秘密!!

我が家の耐震診断−木造住宅編

住宅展示場見学を失敗に終わらせない7つの掟


■編集後記
1勝1敗の5分で今度は札幌ドームです。
中日ファンの方、申し訳ないですが日本一はファイターズが
いただきますよ。

□■□
■発行責任者   イソップ
■ブログサイト  http://kekkanhouse.seesaa.net/
■購読・解除   http://www.mag2.com/m/0000209046.html
□■□
posted by イソップ at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー

乗りの悪いプラン(メルマガ004)

□■□ 
失敗しない家づくり 【乗りの悪いプラン】
                  第4号 2006.10.15□■□

中日VS日本ハム あなたはどちらを応援?

購読登録・解除はこちらです http://www.mag2.com/m/0000209046.html

□メルマガの購読ありがとうございます
1週間に1回程度の配信をしようと思っていますので、あまりじゃまでなかったら引き続きご購読を!
つまらないと思ったら、解除をhttp://www.mag2.com/m/0000209046.html


■特集記事
【乗りの悪いプラン】

前回の記事で「乗りの悪いプラン」という言葉が出てきました。
今日は、そのお話です。


構造グリッドという考え方があります。

図面を用意しましたのでこちらを→構造的に無理のあるパターン



小さい四角が柱です。

一点鎖線が中心線です。

中心線で囲まれた四角が構造グリッドです。


上の方が「乗りの良いプラン」、下の方が「乗りの悪いプラン」

赤い中心線の部分が乗りの悪い部分です。

構造上の基本的な話をしますと、
屋根の荷重は2階の柱が負担します。
その2階の柱と2階の床の荷重は1階の柱が負担するのですが、
2階の柱の下に1階の柱が無い場合には、2階の床梁で一旦荷重を受け
1階の柱に伝えます。


構造グリッド自体が2階の柱の下に1階の柱が無い状態を「乗りが悪い」と言います。

乗りが悪い場合の2階梁の長さが長いと大変不安定な建物となります。

一般的に、お客さんが御自分で間取りをする場合、
必ずあるのが、

この乗りが悪いプランと、上がれない階段です。


上がれない階段を上がれる階段に変えるためには、
結構たてよこの寸法が変わります。

間取りを考える時は
「何となくこんな感じ」というゾーンニングというやり方をしてください。

plan.jpg


上のような図です。

私たちは、プランニングの最初は、このような図を何枚も書きます。
書きながら、細かな部分までイメージを具体的にしていきます。

そうして「大体いいかな」という感じが「ピーン」と来たら、
実際のプランニングにして行きます。

失礼ですが、素人に真似の出来るものではありません。
いい家を造りたければ、プランニングはプロへおまかせを!


■編集後記
イソップは北海道です。当然日ハムです!
北海道にチームが移転した時は正直「大丈夫かな?ファンは増えんのかい?」
と思っていましたが、今やファイターズ一色です。

失敗しない家づくり 無料レポートの紹介です。

【誰も教えなかった秘策を公開!
「目からウロコ」のハウスメーカー比較検討法】



現役住宅メーカー営業マンがタブーを破り暴露!
99.99%の人が知らない絶対に失敗しないマイホームづくりの秘密!!

我が家の耐震診断−木造住宅編

住宅展示場見学を失敗に終わらせない7つの掟

□■□
■発行責任者   イソップ
■ブログサイト  http://kekkanhouse.seesaa.net/
■購読・解除   http://www.mag2.com/m/0000209046.html
□■□
posted by イソップ at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー

私が作った欠陥住宅(メルマガ003)

過去に配信したメールマガジンのバックナンバーです。
このページは第3号です。

□■□ 
失敗しない家づくり 【私が作った欠陥住宅】
             第3号 2006.10.09 □■□

寒くなってきましたね
こんにちはイソップです。

購読登録・解除はこちらです http://www.mag2.com/m/0000209046.html

□メルマガの購読ありがとうございます
 メルマガの購読希望者がいないのでは?と思っていました。
 でも、安心しました。
 少しでも役に立つメルマガにしていこうと思っていますので、
 引き続きよろしくお願いしますね。


■特集記事
【私が作った欠陥住宅】

設計事務所をやっていた頃の話です。


ある中堅クラスのハウスビルダーから、
注文住宅の設計図とりまとめを依頼されました。


ちょうどその時は、まとまった物件の最終とりまとめをやっていたものですから忙しかったのです。

断ろうかな、と思ったのですが、断ると先方が困るだろうし
ということで、その仕事を引き受け・・・・・そして

友人の設計事務所へ「丸投げ」


友人の設計事務所は、役所関係の設計業務を主にやっていたのですが
スタッフの中に・・・木造住宅の経験あり・・・が一人いるので、
引き受けてもらいました。


1週間後、図面完成の連絡があり、

そして、そのまま ノーチェック でハウスビルダーへ


およそ、3ヵ月後、住宅は完成しました。


お客さんが引越しをして荷物を入れました。


ある日、ハウスビルダーの担当者から電話が
「リビングの天井が下がって来たのだけど、どうしてだろう?」


「えっ! まさか! もしかして?」
この時、私の頭の中を駆け巡った言葉たち。


控えにとっておいた図面を広げ、「もしかして」の部分を・・・・・

「やっぱり!」



この住宅は、プランニングがあまりうまくなく、
1階と2階の乗りが、すご〜く 悪かったのです。

*乗りが悪いとは・・・・・次回のメルマガでお話します♪


乗りがわるいので、居間の上に架かる2階床梁に無理がかかります。

問題となるところに使われている2階床梁のサイズを確認


全然 ダメ!!

ハウスビルダーに電話
「ゴメン、2階床梁サイズ不足・・・・対処方法?」
「下から梁補強するしかないでしょ!」


後日、リビングの天井を解体し、問題の梁の下に補強梁を追加。
その部分だけ、梁が天井から露出。

「化粧梁的に見せましょう」とか言って、何とか事なきを得ました。


【欠陥住宅が生まれる原因】
このケースは、「無責任体制」が原因です(自分で言うのもなんですが)。

◇無責任−1
  忙しいのに安易に仕事を引き受け、丸投げ、ノーチェックだった
  私の責任

◇ 無責任−2
  図面をただ書くだけという感覚で、仕事をする設計事務所

◇ 無責任−3
  設計業務を外注するハウスビルダー
  図面を見てもチェックが出来ないハウスビルダー


■編集後記
欠陥住宅が生まれる原因は、100%人為的なことです。
どうやったら、欠陥住宅を防止できるか?
奥が深そうです。
こんな無料レポートがありました。
参考にしては『失敗しない家づくり』誰も教えてくれない秘策!
http://tinyurl.com/q5rzj


□■□
■発行責任者   イソップ
■ブログサイト  http://kekkanhouse.seesaa.net/
■購読・解除   http://www.mag2.com/m/0000209046.html
□■□
posted by イソップ at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー

銀行融資の失敗(メルマガ002)

過去に配信したメールマガジンのバックナンバーです。
このページは第2号です。

□■□ 
失敗しない家づくり     第2号 2006.10.02

動物病院のプランニングをやっています。
こんにちはイソップです。

購読登録・解除はこちらです http://www.mag2.com/m/0000209046.html

□メルマガ発行承認が来ました
メルマガの発行が承認されました。
結構、審査が厳しいらしいのですが、3日で承認されました。
ブログとは少しちがう内容でお届けできれば、と思っています。

□過去の失敗
いま、動物病院のプランニングをしているのですが、病院で思い出したことがあります。

ある、病院の勤務医の方が家を建てたいということで、お話を進めていました。

年収もバッチリですし、融資のことはまったく心配していませんでした。
プランニングから、予算立案、土地探しと、順調に進んできました。

融資の組立ては、住宅金融公庫+銀行融資の予定でした。

土地も見つかり、とりあえず社内のつなぎ融資で土地を取得、いよいよ銀行の本申込みです。

お客様は、医師会の推薦で○○銀行が有利だから、ということで、○○銀行で手続き開始。

ところが、とんでもなく条件が厳しいのでした。


結果は、融資が組めず大変な事態に・・・・。


お客様の奥様からは、すっかり信用を失い、どのように状況説明をしても理解してもらえません。


決して、私が「融資は大丈夫です」と太鼓判を押したわけでは無いのですが、
とにかく、すべてが私の責任となってしまいました。


最後に採った手段が、年金福祉事業団の「併せ貸し」です。

今はこの制度はありませんが、当時は「困った時の併せ貸し」でした。

住宅金融公庫の返済と年金福祉事業団の返済は、まったく別々に審査されるシステムです。
つまり、公庫の返済比率は公庫の返済だけの比率を計算します。
年金の方は、年金の返済だけを計算します。

少ない年収でも、このやり方だとかなりの額が借りられてしまうのです。
但し、融資申し込みは「抽選」です。申込者が多かったのですね。

無事当選となり、融資問題は決着。

しかし、奥様の不信感は最後までつづき、とうとう引渡しの時は別の社員に担当を代わってもらいました。

引渡し以後も、ご主人と別の所でお会いするという状態に・・・・。


こんな事は、大変悲しいことです。
担当したお客様の家に遊びに行けないなんて・・・・。


失敗でした・・・・・私の・・・・・

■編集後記
それ以来、融資に関しては極めて慎重になったイソップでした。

□■□
■発行責任者   イソップ
■ブログサイト  http://kekkanhouse.seesaa.net/
■購読・解除   http://www.mag2.com/m/0000209046.html
□■□
posted by イソップ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー

免震工法(メルマガ001)

免震工法―メルマガ創刊号

過去に配信したメールマガジンのバックナンバーです。
このページは創刊号です。

□■□ 
失敗しない家づくり     創刊号 2006.09.26


購読登録・解除はこちらです http://www.mag2.com/m/0000209046.html


つなぎトンボが飛んでいます、秋ですね。

イソップのメルマガ創刊号です。


□創刊にあたって
衣・食・住 人が生きていくために必要な3大要素
中でも住まいは重要ですね。

おぎゃあと生まれたその日から、住まいの中で暮らしが始まります。
20歳の人は20年の経験が、
30歳の人は30年の経験があるのが住まいです。

けれど、家を借りる、建てる、移り住む、
いざとなったら結構分からないことが多いのが「住まい」です。


イソップは、一級建築士・宅地建物取引主任者として、
住宅建築・不動産に関わる仕事をして来ました。

その中で、楽しい思い出となる「家づくり」のお手伝いや
欠陥住宅のような家を建てられてしまった方の紛争解決に協力したり
と、様々な体験をして来ました。


住まいに関して、新たな一歩を踏み出す方や、日常の暮らしの中で
参考になればと思う事を、メルマガを通してお伝え出来れば、
というのが私の思いです。


□住まいに関して
住まいは生活の器、家族を育むゆりかごです。
快適で、ほっと出来て、疲れが癒せて、明日の夢を見ることが出来る、
そんな空間で生活できることが幸せです。


■特集記事
この創刊号では免震工法を取り上げます。

耐震偽装事件はいろんな波紋を呼びました。

地震国日本で暮らす私達にとっては、いつくるか分からない地震への備え、
関心の多い事のひとつです。

【免震工法】
時々テレビに放映されることもあって、
視た人もいらっしゃるかも知れません。

地震の振動を基礎と土台の間で吸収してしまい、
住宅本体への地震の振動を軽減する工法です。


仕組みは、地震が起きた時にだけ、
完全に固定されていた基礎と土台を、自由に動けるように
固定を解除するメカニック的な方法です。

横揺れのエネルギーを、住宅本体に直接伝達しないように出来るのですね。

例えば、震度5強の地震の時には、
住宅内部は震度4〜3程度の揺れになってしまうという感じです。


まだ、工事費は高いのですが、普及が広まると安くなるかもしれません。

参考サイトはこちらオイレス工業 

□■□
■発行責任者   イソップ
■ブログサイト  欠陥住宅防止法
■購読・解除   http://www.mag2.com/m/0000209046.html
                          □■□
posted by イソップ at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。